『浦江飯店から外灘(The Bund)を歩いて、フードコートのある大きな建物へ。午後には5人で、夜は一人で歩いた』@上海/中国

【外灘/The Bund(2002)】
2002年7月25日、上海へ到着し、浦江飯店にチェックインし、翌日の昆明行き乗車券を入手し、豫園へ行って、軽く昼食を取る。
浦江飯店へ戻っても、雑然としたドミ部屋では居場所がない。
さっき分かれた日本人旅行者のみなさんと、午後7時に、ロビーで待ち合わせしている。
それからみんなで一緒に夕食をとるつもりだ。
僕がホテルに戻ったのが、午後3時ごろなので、まだ4時間も時間潰しをしなければならない。
とにかく外灘(The Bund)を歩くのが、上海観光の基本。
上海を歩くとなれば、1932年の上海事変(第1次上海事変)、1937年の上海事変(第二次上海事変)のことを思い出さずにはいられない。
また、大東亜戦争当時、日本国内の食糧事情が厳しいときも、日本国内でいろいろ制限があっても、上海は常に歓楽都市だった。
上海のバンドには、その時代の建物がそのままに残されている。
観光客向けに、昔風のジャズを演奏する場所も、ダンスホールもあるようだ。
その時代のことは、例えば、胡桃沢耕史の「上海リリー」などを読むと、雰囲気がつかめるかもしれない。
または映画で「ラスト、コーション(Lust, Caution)」とか渡辺健が出た「上海(Shanghai)」を見ると、そのイメージがつかめるだろう。
とにかく、怪しげなところだった、ってことではないでしょうか。
まあ、僕だって、本で読んで、想像しているだけですから、体験しているようなことは書けませんが。
バンドを歩いて、古い建物を眺めれば、上海のメインの観光地めぐりをしたことになる。
バンドへ行こうと考えて浦江飯店の一階のロビーに降りると、日本人旅行者のみなさんを見つけた。
話しかけると、やはり同じ船(新鑑真号)で、僕と一緒に、今日上海へ着いたのだとか。
船の中ではほとんど話をしていなかったが、暇な旅行者同士、僕がバンドを歩こうと誘えば、異議はない。
浦江飯店を出て、すぐに外白渡橋(ガーデンブリッジ/Garden Bridge)を渡る。
川沿いの幅広の歩道を南へ歩き出す。
南へ向かって歩くと、右側にバンド名物の古い建物群が見える。
左には、中国の活力を見せ付けるかのように、浦東地区の、新しい高層ビルが見える。
右が過去の中国、左が中国の未来を示しているわけだね。
バンドの歩道には、人がたくさんいて、浦東地区の建設中のビルを眺めているのが印象的だったね(上の写真参照)。
ただ、バンドを歩くというのも、よほどの思い入れがないと、すぐに飽きるもの。
僕はだいたい5分で、飽きてしまった。
ほとんど話をしたことのない、旅行者が集まっているのだから、どこかで話をしたいもの。
バンド沿いの店となれば、かなり高いだろうと、だらだら歩いていく。
歩道の突き当たりに大きな台形のビルがあった。
階段を上って、ビルの中に入ると、よく東南アジアにあるような、フードコートだった。
広いフロアにテーブルがたくさんあり、壁側にいろんな店が並んでいる。
その店で食べ物や飲み物を買って、フロアのテーブルでそれを食べるという、オキラクな形式だ。
これは、バックパッカーにとっては、とても便利。
一緒に歩いてきた5人で、早速テーブルに座る。
このときの旅行者は、編集プロダクション勤務の男性、映画関係のアシスタントの男性、あと写真を撮るのが趣味の男性。
女性が一人いて、これからカザフスタンへ一年留学して、ロシア語の勉強をするという人だった。
本格的な夕食にはまだ早いし、僕も午後7時に夕食をとる約束がある。
そこで、焼肉串(一本2元/30円)を10本をつまみにして、ビールを飲んで話をすることにした。
ここのビールはサントリービール(三得利)で、大瓶一本(640ml)が5元(75円)程度。
アルコール度数を確認したら「3.4°」ということなので、日本のビールよりもアルコール度数は低い。
旅先で、旅行者が5人集まって、旅行の話をするのだから、これは盛り上がらないわけがない。
しかも冷えたビールもあり、アルコール度数が低いので、いくら飲んでも酔わない。
結局、5人で10本くらい飲みました。
この時は、10本のビールの半分くらいは僕が飲んだみたいだったし、気前よく10本分払いました。
ビール10本とはいっても、1本5元(75円)なので、10本でも750円。
焼肉串10本も払って、1本2元(30円)なので、10本で300円。
つまり、70元(千円ちょっと)なので、僕でも払える金額。
話はいくらでも続くようだったが、午後7時の夕食の待ち合わせ時間を考えて、切り上げた。
午後7時の待ち合わせ時間には、豫園へ行ったグループと、そのほかに新しい人が2人いて、全部で6人になった。
センターくんが知っている、ホテル近くの食堂へ行く。
食事をしながらビールを飲んで、また旅の話で盛り上がろうと、テーブルについて、注文を考える。
その時に、急に、「これは違う!」という気持ちがした。
僕はみんなに、「明日昆明へ行くので、夜のバンドを見に行きたい」と告げて、席を立った。
そうして、夜のバンドを歩いた。
夜の上海のバンドには、お祭りのように大勢の人が出ていて、それを目当てに、おもちゃを売る商人もたくさんいた。
僕は、人ごみを掻き分けながら、早足で歩いて、さっきのフードコートへ戻る。
がらんとしたテーブルについて、一人でビールを飲む。
もちろん、夜のバンドを歩いて、ビルのライトアップを見るのも、目的の一つではあった。
でも本当の目的は、一人で静かに、ビールを飲んで、今日一日を振り返りたかったんだ。
なぜって旅の一日のオワリには、自分の心と静かに対話する時間が必要だからね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD