『ホテルで夜まで過ごし、バイクに乗ってハノイ駅へ行ったら、「Lonely Planet」を置き忘れていた』


【ハンベー(Hang Be)通り@ハノイ(2002)】

2002年8月8日。
本当は、ハロン湾へ行った昨日の夜、フエへの列車でハノイを離れるつもりだった。

ところが切符が取れず、今日の23時、つまり午後11時にハノイ駅を出る「E1」列車に乗ることになった。
この意味は、午後11時まで(実際は午後10時くらいまで)、時間をつぶさなければならないってこと。

ところで、世界中の安宿では、普通はチェックアウトが正午になっている。
そうして、午後6時までは、1泊分の半額で部屋を使えるのが普通だ。

ただそれ以降になれば、1泊分を払うということになっている。
列車の出発が午後11時だから、午後10時までは部屋を使った方がいい。

というのは、シングルルームがあるということはとても楽だからね。
ホットシャワーも使えるし、トイレも十分に使える。

ちょっと疲れたら、ベッドでごろごろしていてもいい。
もちろん、寝てしまってはまずいわけだが(笑)。

もちろん若くて、体力があれば、バックパッカーストリートのネットカフェでだらだら粘っていれば、夜の11時まで粘れるだろう。
友達と一緒ならば、外のカフェで話をしていれば、すぐに時は過ぎる。

しかし僕はもう歳が歳で、体力を温存することを最も大切に考えている。
僕が泊まっていた「ESPECEN HOTEL(22 Hang Be/ Ha Noi/ Viet Nam)」は、一泊が7ドル半だから、思い切って、夜まで部屋を使うことにした。

だって昨夜は、豪華に食べ過ぎて、夜食だけで6ドルも使っているしね。
ベッドでごろごろと本を読んで過ごす。

午後9時ごろになって、チェックアウトして、駅へ向かうことにした。
ホテルのフロント頼んで、ハノイ駅までバイクで送ってもらうことにする。

駅までバイクで2万ドン、無事に到着した時に、チップも含めて3万ドン払った。
バックパックを背負ったまま、バイクを運転しているベトナム人の若者の腰に手を回していたが、彼の腹筋はカッチカチだったよ。

さて、少し早めにハノイ駅に到着して、ゆっくりとこれから向かうフエの情報を得よう考える。
デイパックに入っているはずの「Lonely Planet」を捜したら、見つからない。
そのとき気がついたのだが、僕はホテルでごろごろしながら、「Lonely Planet」を読んでいた。
きっとベッドに置いてあった、「Lonely Planet」にシーツがかぶっていて、持ってくるのを忘れたんだろう。
それとも、最後にトイレを済ませたときに、ちょっと横に置いたままにしたのか。
でも僕は、(ホテルへ戻る時間は十分にあったが)取りに戻ろうとは思わなかった。

というのは、ラオカイ、ハノイ、でベトナムの状況がわかったからだ。
つまり、ベトナム旅行にガイドブックは必要ない。

ベトナムを出れば、カンボジア、タイと旅をする予定だ。
そのどちらも、僕はすでに旅をしているので、特に「Lonely Planet」の情報が必要だとも思わない。

こういう風に正当化したのは、「ホテルに戻っても、おそらくホテルの人間が部屋を調べて、置き忘れたものは、すでに自分のものにしているだろう」と考えたからだ。
旅では、置き忘れたものは、まず戻ってこない。

だから、置き忘れた方が悪いんだよ。
十分に時間があったのだから、自分でちゃんとチェックすべきだった。

旅では、物を置き忘れた方が悪いし、ウソを信じた方が間抜けだ。
そう考えて、自分の甘さを責めて、「Lonely Planet」のことは、あっさりと諦める。

改めてハノイ駅を探検してみると、駅の中にトイレがあった。
それが大ひとつ、男性用の小便器が3つだけ。

それでおばさんが、使用するたびに500ドン取るようだ。
もちろん、駅の外には、僕がハノイ駅に着いたときに発見した大きなトイレがあるんだけどね。

午後11時出発の列車だと、列車の中ではただ寝るだけ。
念のために、小さなミネラルウォーターを買うと、これが4000ドンした。

「E1列車」がホームに入ると、僕は、さっそく乗り込む。
僕の切符は「客車番号3、コンパートメント2番、ベッドは11番、最上段」。

コンパートメント2番の番号は、7番から12番、つまり6人部屋。
そのうち、11番と12番が最上段になっていた。

僕はすぐに最上段のベッドに乗り込んで、横になる。
この列車は夜の11時に出て、フエに午前10時13分に到着予定(乗車時間は11時間)。
前回に乗ったラオカイからハノイの列車は、エアコンが効いてなかった。
この列車はきちんとエアコンが働いてて快適だ。
寝具もちゃんとついていているし、最上段のベッドだから、持ち物も一応安全(盗られにくい)。
ジーンズを脱いで貴重品は枕の下に入れる。
駅でトイレも済ましているので、そのまま眠る準備は整っている。
寝入る前に、ちょっと部屋の様子をベッドから眺めたり、声を聞いたりしていた。

このコンパートメントに入ったのは、ドイツ人の若者が1人、フランス人の中年グループが3人(女性2人、男性1人)、それから日本人の僕の外国人が5人。
列車が出発したあとで、最後にベトナム人のおじさんが入ってきた。

このベトナム人のおじさんが、英語がペラペラで、外国人との話を盛り上げている。
でも僕は、会話に加わらずに、とっとと寝ました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD