『上海駅へ行ったが、わけがわからないので、時刻表を買って、龍門賓館にある外国人用切符売り場へ行ってみる』@上海/中国

【上海浦江飯店】
2002年7月25日、大阪からの新鑑真号が上海へ着いてすぐ、上海の浦江飯店にチェックイン。
ドミトリーに荷物を置いて、ロビーへ降りると、一緒に来た日本人旅行者から、上海駅へ行こうと、声をかけられる。
上海駅へ行くのは、中国旅行通で中国語も話せる日本人旅行者を中心とした男性2人女性2人のグループ。
みんな、新鑑真号の中で知り合った仲間だ。
僕が加わって全部で5人になった。
女性の一人は、船でよく話をしていた、キャミソール姿の女の子だった。
さて僕たち5人は、浦江飯店を出て、裏の通りへ出る。
僕がタクシーを二台呼び止め、5人が3人と2人に別れて、タクシーに乗る。
僕はグループの中の、気の弱そうな大学生一緒に2人で乗る。
先にリーダーシップを取っている旅行者と女の子2人を乗せた車が走り出す。
僕と若者を乗せたタクシーが後に続く。
若者は、「あーん、見失ってしまう…」と心配そうだが、車を見失っても問題はない。
行き先は、上海駅に決まっているんだから。
ただもちろん、人が多いだろう上海駅で、先に出た旅行者とと再会できるかどうか、それはわからない。
実は、二台に別れた時点で、僕には「ま、見失って別れてしまってもそれも人生」という考えがある。
横に座っている若者は、せっかくグループになった旅行者同士で別れたくないという気持ちがあるようだ。
すると見事にもう一台を見失ったまま、上海駅に着いてしまった(笑)。
一緒の若者は、他の人たちを探そうという気持ちであちこち見回している。
僕は目的を上海駅見学に切り替えて、駅前の売店の商品をチェックしてあるく。
すると売店の台の上に「上海市区交通地図」を見つける。
ある町の地図というのは、お土産にもなることだし、無条件に購入する。
ただ正直、戻ってから地図を見直すこともないし、自然と行方不明になるものだけどね。
いまは、インターネットで海外の町の地図まで出てくるので、どうしても必要というわけでもない。
もう一つ小型の本を見つけた。
それが「全国鉄路旅客列車時刻表」という、中国の鉄道時刻表の最新版だ。
これは、買おうか買うまいか迷ったが、値段も安いので話のネタにと一冊購入する。

【上海駅で買った時刻表】
ま、これが、実際とても役に立った。
上海から昆明への2泊3日の列車に乗ったとき、途中の停車時間の目安になったんだ。
僕は、上海駅へ来て、面白そうなものを入手したので満足、満足!
次に駅の中でも見物しようかしら、と思っていたところに声がかかる。
「西本さーん♪」
あれっ、世界旅行者の名前を、上海駅の前で呼ぶなんて、いったい誰だろう。
もちろん、僕の名前は、ちょっとでも海外旅行に興味のある知的な日本人の間では、知られまくっていて、顔もみんな知っている。
僕の本には、すべて、僕自身の顔写真をたくさんいれてあるしね。
また、海外旅行では、一度出会った人と、また別のところで再開することも珍しくはない。
目の前に現れたのは、なんと、別れたばかりのキャミソールの女の子だった。
「いま別れたばかりの人のほうが、昔別れた人よりも再会する可能性が多い」というということね。
リーダーの旅行者もやってきたが、もう一人の女の子がいない。
その女の子はなんでも中国語もペラペラで、窓口で今日の南京行きの切符を買って、一人で行ってしまったらしい。
しかし、長距離の列車は駅の窓口では買えなかったとか。
普通の日本人旅行者は、長距離の切符が欲しいわけだから、上海駅ではちょっと無理みたいだ。

【上海駅から龍門賓館へ行く途中で見つけた旅行代理店】
一緒にいる旅仲間の行く先を考えてみよう。
リーダーはウルムチへ、硬臥(ニ等寝台)で行くつもり。
キャミソールの女の子(うーん面倒だからキャミ子ちゃんと名前をつけておこう)、キャミ子ちゃんは上海から南へ下り、ベトナムへ抜けるつもり。
もう1人の男の子は、まず広州へ行くことを考えているらしい。
みんな長距離だから、硬臥の切符を希望している。
硬臥というのは希望者が多くて、中国ではなかなか手に入りにくいものなのだ。
僕も、タテマエとしては、雲南省昆明へ二泊三日の硬臥で行くつもりということになっている。
でも、おそらく切符はないだろうから、それを確認して、飛行機に乗るという計画だ。
まあ、鉄道を考えずに、最初から飛行機に乗るのでは、バックパッカーとしては、ちょっと恥ずかしい。
「列車の切符を捜したんだけれど、無理だった。飛行機を使うつもりはなかったんだけれど、硬座では、とても耐えられないからね」というのが、言い訳だ。
だって、まあ、硬座というのは一応指定席ではあるらしいのだが、指定券を持ってない人がどんどん乗り込んできて、ほとんど身動きが取れないという噂がある。
若者ならば、青春の一ページの記憶にしておけば、一生自慢話になるだろうが、僕はそこまでやる気はないよ。
また、軟臥(一等寝台)もあるが、これは、見知らぬ人と4人のコンパートメントだと、居心地が悪い。
実は、僕は敦煌(への駅、柳園)からトルファンまで軟臥に乗った。
そのときはたまたま日本人のツアー客と一緒の部屋で、それなりに面白い話ができて楽しかった。
でも、、言葉の通じない中国人と二泊三日も同じ部屋というのは、ちょっと考えるね。
「結局、駅の窓口では、切符は取れかったんでしょ?」と、最初から諦めている僕は、確認を求める。
「これから、近くのホテルの外国人用切符売り場へ行きます」との返事がある。
ガイドブックを見せてもらうと、「(上海)駅の西側の龍門賓館の中にある外国人用切符売り場で12日後までの切符が買える」とある。
僕としては、まあ、3日後程度の切符が取れればいいが、ま、取れないだろうと考えている。
みんなでホテルへ歩きながら、僕も中国が初めてではないのでウンチクを話す。
「中国はとにかくダマシが多いから、注意しないとだめだよ」ってね。
その龍門賓館の横には、大きな看板を掲げた旅行代理店が見える。
僕は、「これが外国人用切符売り場だと思うと、それが大違いで、この旅行代理店は、間違ってやってくる外国人相手の代理店だってこともあるんだ」と解説する。

【龍門賓館の中の外国人用切符売り場】
ホテルの中にあるんじゃないかな」と言いながら、みんなを引き連れてホテルの中に入る。
龍門賓館は、ちゃんとした普通のホテルだ。
特に切符売り場があるようには見えないが、ボーイに聞くと、指差した先に窓口があった。
やはりさっきのホテルの横にあった、誰でもわかる旅行代理店は、外国人窓口ではなかったんだ。
ホテルの中で出来るだけ見つけられないように、ひっそりと営業しているのが本物の外国人用切符売り場なんだよ。
その切符売り場からは、白人が数人、ガッカリした顔で出てきた。
その表情からは、とても希望の切符が入手できたとは思えない。
「中国では、外国人用の切符売り場で切符が買えると思うと、そう簡単にはいかないんだよなー」と、小さくつぶやく。
みんなが窓口に並ぶが、先頭に並んだリーダー格の旅行者は、中国語がかなり出来るようで、窓口のお姉さんと話をしている。
しかし、ウルムチまでの切符がなかったようだ。
「西本さん、ずっと硬臥の切符がないので、僕は3日後の硬座で敦煌(柳園)まで行きます」と、蒼い顔で絶望の声を出す。
硬座で敦煌までって、その意味は、40時間以上も硬い椅子に座ったまま、中国人にびっしりと囲まれて身動きも出来ないままだろう。
40時間の硬座の旅って、それは、ある意味、罰ゲームみたいなものだ。
次のキャミ子ちゃんは、上海から24時間程度かかる、広州へまず行って、そこからさらに、ベトナム方面へ。
しかし、やはり一週間ほど先まで硬臥は満席で、取れない。
「どうしよう…」と振り向いて迷っていたが、結局軟臥(一等寝台)を入手した。
若い男性は3日後の広州行きの、硬座はあると言われたそうだ。
が、「24時間の硬座は疲れるので…、どこか別の旅行代理店に当たって、なんとか硬臥を取ります」と、諦めて、窓口を離れる。
早い話、一緒に来た3人は、自分の目的地までの硬臥を希望して、見事に全滅だ。
僕は別に気にならない。
最初から硬臥が取れるとは、期待してないからね。
ノートに「硬臥、上海→昆明、7月26日」と明日の日付を書いて、窓口の女性に見せる。
明日の26日はもちろん取れないだろうが、そのあと、27日、28日、29日と日付を変えて、チェックするつもりだ。
切符が取れないとは思うが、取れないならその時のこと、キャミ子ちゃんと一緒に軟臥で広州へ行って、そこからベトナムへ行ったって悪くはない。
きっと神様は、キャミ子ちゃんと一緒に旅をするように、定めているのだろう。
僕も別に、昆明へ行くこと自体、コダワリがあるわけではないし。
その場の状況に応じて、行き先を変えることもよくあるもの。
窓口の女性は、僕が出したノートを見て、コンピューターにデータを打ち込んで、顔を上げて、僕を見て、ニヤッと笑った。
笑ったのはなぜだろう。
しかし、ここで、思いがけない、誰も信じられない、驚天動地の答えが戻ってくるのだった。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD