『サパの宿の、チェックアウト時間のヒッカケをすり抜けて、バスでラオカイ鉄道駅へ』@ラオカイ/ベトナム

【ラオカイ鉄道駅@ベトナム】
2002年8月5日、サパのロータスホテルの208号室で、なんとなく体中がだるいまま、目覚める。
昨日は、中国からベトナムの国境を越えて、ラオカイでオランダ女性の命を助けて、崖崩れの山道をサパへと来て、軽く疲れた。
今日やることは、ラオカイ駅から夜行列車に乗って、ハノイへ行くだけ。
それだけならば普通は、ゆっくりと朝寝ができるはず。

ところが、部屋の壁には「チェックアウトは午前9時。それを過ぎたら1泊分もらいます」と、英語で書いてあるんだよ。
下手にずるずると部屋にいると、一泊分払わなければならない。
この注意書きが、英語で書いてあるという意味は、欧米人ははっきり書いてない場合は金を払わないから。
日本人は、「英語でちゃんと書いてありましたよ」と言えば、お金を払うから。
ここで、日本人の英語コンプレックスをうまく利用しているわけだね。
「英語で書いてありましたよ」と言われて、「英語は読めないです」とは、恥ずかしすぎて、日本人は言えないからね。
もちろん僕は英語が読める上に、いろんな体験をしている。
だから、このヒッカケにかからないように考えた。

午前9時前にチェックアウトすればいいだけ。
問題は僕が泊まっている「ロータスホテル」には、受付も事務所もないこと。

普通はチェックアウトしても、バックパックはホテルの受付で預かってもらえるはず。
ところが、最初からホテルの事務所自体がなければ、預からなくってもいいというわけだ。

そこで、僕は、8時過ぎにチェックアウトして、105号室へ行った。
105号室の、亜瀬尾くんと金髪くんに僕のバックパックを預かってもらった。

その時に105号室の部屋をチェックしたが、この部屋にはチェックアウト時間が9時だとは書いてなかった。
ということは、僕のバックパックを105号室に置いても、大丈夫なはず。

レストランで朝食を取る。
肉野菜炒めが25000ドン、白飯が4000ドン、光明ビールが8000ドンを2本で、45000ドン。
レストランでは1ドルが15000ドンでそのまま使えた(この旅行をしていた2002年は、1ドルは15000ドン程度でした)。
だから、5ドル札(7万5千ドン)を渡して、おつりを3万ドンもらった。
歩いていると、郵便局を見つけるが、午前が11時半までやって、昼休みがあって、また午後2時から始まるとあった。
昨日切符を頼んだ、バンブー(GREEN BAMBOO TRAVEL BRANCH IN SAPA)へ行って、切符を受け取る。
列車は今日の午後7時発、11号車、4番コンパートメント。
金髪くんと亜瀬尾くんと僕のシート(ベッド)番号が、9番、11番、12番になっている。
ということはだよ、だれか10番に来るわけだよね。
このときはなぜ、中途半端な10番が空いているのかわからなかった。
僕たちは3人一緒に申し込んだわけだ。
それなのに、わざわざ途中の番号に誰か寝る。
これってゼッタイにおかしいよ。
この疑問は、さすがの僕でも、ラオカイからハノイへの列車に乗っても、わからなかった。
このあとハノイからフエへの夜行寝台車に乗ったとき、やっと本当に理解できた。
おそらく僕以外の誰も、それはわからないだろう。
ただ、非常に微妙な問題を含んでいるので、書かないことにします。

この列車の値段は、切符を見ると127000ドンらしい。
サパからラオカイへのバスの値段が一般的には25000ドン。
合計は152000ドン、つまり10ドルちょっとのはずだ。
それが昨日払った値段が、14ドル。
差し引き4ドル弱を、旅行代理店が手数料として取っている。
でも、切符の手配をしてくれて、送迎までやってくれるなら、4ドル(5百円)程度は仕方ないね。

世の中、自分で努力したくなければ、他人に任せればいい。
そしてその手数料を払うというのは常識だしね。

サパからラオカイへのバスにのるために、午後3時半にバンブーのオフィスへくればいい。
僕は昼間の時間を、一人でレストランでビールを飲んで、日本の文庫本を読んで過ごしていた。
午後3時40分に、マイクロバスがバンブーの前から出る。
途中で別の旅行会社や、ゲストハウス、街角で客を拾いながら進む。

山道を進み、崖崩れのところでちょっと止まったりして、ラオカイ鉄道駅に到着したのが午後5時半。
つまり、2時間近くかかったわけだね。

ラオカイ駅前でバスを降ろされる。
駅前にちょっとした広場がある。

その広場には、屋台が結構出ている。
広場を囲んだ店も多い。

一緒にやってきた亜瀬尾くん、金髪くんと別行動をとる。
彼らはせっかくだから、ラオカイを歩いてみたいと考えているようだ。

しかし僕は、今日一日、朝からビールを飲み続けている。
歩くこと自体が疲れる。

だから、駅前の食堂のテーブルで、またビールを飲んで過ごした。
ここでは「Lao Cai Beer」が1本1万ドン。

ビールを飲んで、何度も食堂奥のトイレに通った。
列車の出発が午後7時予定。

午後6時ごろに、亜瀬尾くんと金髪くんが、町歩きから戻ってくる。
午後6時半、一緒にハノイ行きの列車に乗り込む。

列車は、コンパートメントになっている。
一応「soft sleeper(軟臥)」なので、一等寝台ではないか。

コンパートメントは、二段ベッドで4人が寝る。
さてそこでだが、みんなで適当にベッドを決めたら、僕のベッドが9番になった。

ところで9番とは、上段のベッドなんだよね。
でも、4人のコンパートメントに日本人が3人。

このコンパートメントは僕たちが占領したと考えるのが普通じゃないかな。
10番の下のベッドには誰もくるはずがない。

そこで僕が10番のベッドを取ることにした。
みんながコンパートメントに落ち着いて、出発を待つばかりになったとき、ベトナム人が入ってきた。

彼がこのコンパートメントの、残り一人の乗客だった。
彼はガイドをしていて、名前は「ハン」さん。

彼はガイドなので、英語がしゃべれる。
さてここから、いろんな話が始まったよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD