『カオサンのMPツアーで、バンコクから成田への片道航空券を8100バーツ(24000円)で買う』@カオサン通り/バンコク/タイ

【カオサン通りに立つ】
2002年8月20日、カオサンの安宿「マルコポーロ」で目を覚ます。
ベッドに横になったまま、今日やることを考える。
シェムリアップの「チェンラ」でピックアップされたのが、昨日の午前7時10分。
シェムリアップからカオサンへ到着したのが、昨夜の午後8時半。
単純計算で行くと、シェムリアップからカオサンまで、13時間20分かかった。
とはいっても、途中でトイレストップや、国境越え、バスの乗り換え、ミールストップなんか、わざと時間を使ったみたいだけどね(笑)。

【シェムリアップからポイペトへのバス】
いまでは道もよくなったし、タクシーとバスを乗り継いで、もっと早く移動できるようだ。
ただ、観光旅行だと考えれば、あちこちで時間を使いながら、のんびり旅するのも、アリだと思うよ。
昨夜は、宿を選ぶ時間もなかったし、ただ寝さえすればよかった。
一泊だけというつもりで、一緒のバスに乗ってきた日本人旅行者が知っていた、カオサンの宿「マルコポーロ」へチェックインした。
マルコポーロは、シングルで250バーツ(この時代のレートで750円)。
シャワーとトイレが付いていて、エアコンも完備だ。
ただ、マルコポーロは、とにかく部屋が狭くて、落ち着かない。
今日、もう少し居心地のいいホテルを探すつもり。
また、今日中に、日本へ戻る航空券を買う。
航空券を買って、帰国までの数日、バンコクで過ごせばいい。
2002年7月23日に新鑑真号で大阪を出て、上海へ着いたのが、7月25日(東京から上海まで、2泊3日)。
それから、上海から昆明への2泊3日の列車に乗って、雲南省を旅して、ベトナムへの国境を越えたのが、8月4日(中国滞在10日間)。
8月4日にベトナムのラオカイからサパへ移動して、ベトナムをとっとと南下する。
ホーチミンシティからバスで国境を越えて、カンボジアに入ったのが、8月15日(ベトナム滞在12日間)。
カンボジアは以前にも来ていたので、とっとと通り過ぎて、8月19日にタイへ入る(カンボジア滞在5日間)。
東京を出てから、中国、ベトナム、カンボジアを通り、タイへ入るまで、1か月弱だ。
僕は、中国もベトナムも、カンボジアも、タイも、すでに旅をしている国だから、このスピードで旅ができた。
はじめての人はもう少しかかるかもしれないが、まあ、1か月半もあれば、日本を出てタイまでの移動はできるでしょう。
東京から大阪へ行き、大阪から上海まで船(新鑑真号)に乗り、あと陸路で、バンコクまで移動すること自体が、旅の目的だった。
でも、さらに、インドへ行くつもりも、ないわけではなかったんだよ。
旅に出る前に、インドのビザは取ってある。
ただ、一か月も移動の連続だと、疲れた。
僕ももう若くはないしね。
それに、正直、インド自体にも、1984年から1985年に旅したことがあって、いまさらそれほど興味はない。
インドを旅するならば、また、別の機会に行ったほうがいい。
インドに行くならば、はっきりした目的と、それを実行する精神力がないと疲れるだけだ。
このあと、2005年にはハンピ遺跡、プリー、コルカタを見るために、インド旅行に出た。
1984年から1985年のインド旅行で見逃していたジャイサルメール、アジャンターやエローラ石窟を見るために、2007年に西インドを旅した
インド旅行というのは、それだけの覚悟が必要なんだ。
僕は、上海からバンコクへたどり着いたときに、さらにインド旅行へ行くだけの気力がなくなっていた。
とすれば、とっとと日本へ戻ればいい。
しかし、ある程度時間の余裕を持って日本を出てきたので、時間の余裕はある。
少しだけ、バンコク滞在を楽しみたい。
バンコクはどんどん近代化されているので、どういう風に変化したのか、見てみたい。
一か月ほど旅を続けてきたので、身体を休めることだ。
帰国の切符を買って、それによって、バンコク滞在を決めればいい。
というわけで、まず、日本への帰国切符を探す。
次に、もう少し居心地のいいホテルへ移動する。
午前9時ごろから、カオサンの旅行会社へ飛び込みで、日本への安い切符を調べて回った。
午前9時だと、まだ開いてない旅行会社も多い。
でも旅行会社を回るというのは、だいたいの状況を調べる意味もある。
だから、聞きまくることは、重要なんだよ。
カオサンで開いていた旅行代理店へ入って、話を聞いてみた。
すると、バンコクから成田へは、安い切符としてエアインディアがある。
最初に飛び込んだ旅行代理店の話では、エアインディアで日本への片道切符が8200バーツ(24600円)、往復が17500バーツ(52500円)。
これが一番安いそうだ。
次に行った旅行代理店では、エアインディアは8100バーツ(24300円)、往復が16750バーツ(50250円)。
こちらの旅行会社が安いから、予約が入ればいいだろう。
往復切符は、一年オープンなので、一年以内に日本で予約を入れればいい。
ただ撲は、特にバンコクへ戻ってくる気持ちもないので、片道切符で十分。
なお、ここで紹介している値段は、税金も燃油サーチャージも、その他諸費用全部込みです。
海外で切符を買う場合は、値段は、全部入れた値段が普通ですから、日本のように、あとで「諸費用」を追加されることはありません。
カオサンの旅行代理店を2つ当たって、だいたいのイメージがつかめてきた。
つまり、この時期、バンコクから日本への一番安い航空券は、エアインディア。
エアインディアは、週に2便飛んでいて、それが水曜日の早朝(火曜日の深夜)と土曜日の早朝(金曜日の深夜)。
今日は、2002年8月20日の火曜日だから、今日の深夜に、フライトがある。
僕はとにかく、日本を出てから、中国、ベトナム、カンボジアと移動の連続で、へとへとになって、バンコクへ到着したばかり。
もう少しはバンコク滞在を楽しみたいもの。
しかし、あんまり長くバンコクにいても、意味はない。
僕はすでに何度もバンコクには来ていて、今回の旅でバンコク滞在するとしても、ほんの少しでいい。
バンコクの変化を、ちょっと感じて、身体を休めればいいだけだ。
すると、帰国は、今週の土曜日24日の早朝、つまり8月23日の深夜がベストだ。
8月24日のフライトが取れれば、今日20日から23日までの4日間が自由に使えるからね。
そこで僕は、8月24日の成田行き、エアインディアの片道切符を買おうと考えた。
旅行代理店に飛び込んで、話をすることで、一番安い切符とそのフライトの日付と、料金の情報を得た。
次にまた別の旅行代理店に入る。
3番目の旅行会社で話を聞くと、やはりエアインディアの成田行きフライトは、片道8100バーツだ。
24日のフライトを取ってしまおうとしたが、「24日は満席」との返事。
今日の深夜、つまり明日21日の早朝の成田行きは、席があるとか。
せっかくバンコクで数日のんびりしようと思っていたのに、今日の夜のフライトでは、あっけない。
かといって、一週間後のフライトは、それは時間の使いすぎ。
いまさらバンコクに一週間いても、退屈してしまうだろうしね。
とすると、帰国のフライトは、24日が一番いいことになる。
しかも、ただの24日ではない。
夏休みも終わりがけの、8月24日なんだから。
僕は、1994年の夏の終わりに、ドンムアン空港で、多くの日本人旅行者が、飛行機に積み残されたのを見ている
夏休みの終わりごろに、バンコクから成田の、一番安い切符に予約を入れようなんて、常識的には無理な話なわけだが…。
困った顔をして、うーんとうなっている。
すると、その旅行会社の人が、「あと200バーツ出してくれれば、24日のフライトに予約が入るかもしれない」と言う。
200バーツとは、この時期のレートで、600円だ。
予約が入らないといわれた後で、600円出せば切符が取れると言われたら、普通の日本人ならば、話に乗るんじゃないかな。
ところが、軽々しくそんな話に乗らないのが、世界旅行者先生なんだよ。
僕はとにかくすこしでも怪しい話には乗らない。
だから、銀座を歩いていても、ラッセンのリトグラフを売りつけられることはない。
僕は、さらにもう一軒、カオサンの旅行会社を当たってみることにした。
この場合は、言葉の細かいニュアンスまで通じたほうがいいだろう。
そこで、カオサンで有名な日本人相手の旅行代理店「MPツアー」に行った。
「エアインディアで24日のフライトで日本へ戻りたいが、ある旅行会社で追加料金を出せば切符を取るという話があったが、どう思うか」と聞いた。
MPツアーの人は、「それなら私が取ってあげましょう」と言って、僕の目の前でエアインディアに電話をかける。
タイ語で担当者と数分話をして、その場で予約を入れ、切符を取ってくれた。
値段も8100バーツだった。
つまり、旅行代理店を4軒当たって、一番安かった値段のエアインディアで、僕が希望する8月24日の成田行きの予約が入ったわけだ。
切符の受け渡しは、この日(8月20日)の午後6時以降という話。
このときは、タイバーツの持ち合わせがなかったので、手付けとして500バーツ程度渡したと思う。
残金は、切符と引き換えにする。
僕はこのあと、国立競技場付近のホテルに移動した。
切符を手にしたのが、翌日の8月21日朝になった。
そうして、8月24日の早朝のフライトで、日本に戻ってきました。
だから、僕は、カオサンの「MPツアー」には、ずいぶん感謝している。
切符を受け取るときに、感謝の気持ちを述べて、一緒に写真を撮ろうかと思った。
僕のサイトで、「MPツアーは本当に頼りになる」という話を、書こうと思ったんだ。
ところが、切符を受け取りに行ったとき、忙しそうで、その話ができにくい雰囲気だった。
それで写真も撮らず、この話も紹介してなかったんだけれどね。
最近MPツアーが店を閉じたという噂が流れているので、ちょっと遅いけれど、ここで感謝の気持ちを表しておきます。
MPツアーの森さん、あの時は、本当にありがとうございました♪

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx