『浦江飯店(PUJIAN HOTEL/ ASTOR HOUSE HOTEL)を歩き回って、著名人がたくさん宿泊していた、昔の一流ホテル時代を想う』@上海/中国
2002年7月25日、上海へ到着し、浦江飯店にチェックインした。
そうして、どういうわけか、翌日は昆明行きの列車に乗ることになった(涙)。
浦江飯店に泊まるのは、今夜の一泊だけ。
朝から、上海駅、豫園、外灘(バンド)を見たが、浦江飯店自体は、自分の部屋(315号室)と、ホテルのロビーしか見てない。
実はこの、浦江飯店自体が、ある意味観光地なんだよ。
このホテルは、「ASTOR HOUSE HOTEL」という非常に高級で、有名なホテルだった。

【浦江飯店(2002)】
ホテルのサイトにも紹介してあるが、浦江飯店は、中国近代の歴史の舞台だった。
このホテルには、アインシュタイン、バートランドラッセル、グラント元米国大統領、チャーリーチャップリンも、宿泊した。
そのほかにも、多くの著名人、作家、特派員、スパイ、なんかが宿泊していた。
その時代の超一流ホテルだったわけだ。
ところが、僕が上海へ行った2002年ごろは、バックパッカーが上海へ行くときの、有名な定番宿となっていた。
日本からの船が着いたら、ほとんどの人が、まず浦江飯店のドミに泊まるのが、定番の旅行方法だったからね。
しかし不思議なことは、浦江飯店は、内部をドミ用に手を入れたりしていない。
僕が泊まっている315号室も、昔の大きな部屋に、ただベッドを置いてあるだけ。
部屋が4つほどあって、そのリビングルームや、ベッドルームやなんかに、無計画に、お構いなしにベッドを入れてある。
だから、トイレだけが異常に広いわけなんだけどね。
これを逆に考えるとだよ、つまり、ホテルの構造自体、部屋の作りは、一流ホテルだった時代と変化してないってこと。
それならば、ホテルを見て回ると、昔の一流ホテルの時代がしのばれるってこと?
まあ、そう思う気持ちがあったし、夕食までの時間潰しもあって、ホテル内部を歩き回ってみた。
面白かったのが、このホテルの部屋の一部分は、何かを教える教室になっていた。
中国人の女の子が何人も、一つの部屋に入っていくのを見たからね。
その雰囲気は学生、というか、何かの職業学校のような感じがした。
つまり、浦江飯店は、部屋を学校に貸しているのかもしれない。

【浦江飯店の廊下】
浦江飯店の廊下は、板張りなのも、面白かったね。
あと、吹き抜けの部分があって、そこが変に格好いい雰囲気だった。
ただ、どこから入ったらいいのかわからなかったので、写真を撮っただけでを観察終了しました。
それほどコダワリがあったわけでもないしね。

【ホテルの内部の吹き抜け部分と廊下】

【もっと下を見ると、歩きたい雰囲気だったが】
浦江飯店は、2002年のときはまだ、バックパッカー向けのドミトリー(共同部屋)がメインだった。
でもそのあと、ドミトリーを廃止して、普通のホテルになったと聞く。
しかし、もともと古い建物なので、内部に手を入れたところで、近代的なホテルにはならない。
その意味は、料金はホドホドということね。
いま(2011年10月)チェックしてみたら、浦江飯店はユースホステルになって、ドミトリーができたとか。
まあ、旅の状況と言うのは常に変化するものなので、出発前に自分で確認ください。
浦江飯店は、立地条件としては最高だ。
なにしろ、ホテルを出て、ガーデンブリッジを越えれば、すぐに黄浦江沿いのバンドへつながる。
いま上海には、世界中の高級ホテルチェーンが豪華ホテルを建てている。
リッツ・カールトンも、ハイアットも、フォーシーズンズも、ヒルトンも、ウェスティンも、シェラトンも、オークラも、マンダリンも、インターコンチネンタルも、存在する。
こういうホテルは、ビジネスマンや公務員が会社や役所の金で泊まるものだ。
本当の旅行者は、金があったところで、こんなつまらないホテルには泊まらない。
だって、ホテルに歴史がないんだから(涙)。
例えば、パリのホテルにしても、屋根裏部屋のあるホテルに泊まって、天井が斜めの部屋から、屋根に細く突き出したベランダへ出るのが最高だね。
パリに行ったのに、郊外のツアー用のホリディインなんかに泊まったら、最悪だよ。
パリの街を散策することもできないんだから。
ま、ホテル論はまた別の機会に、きっちりやります。
ここでは、上海へ行ったら、存在そのものが上海の歴史である「浦江飯店」に泊まるのがいい、というお話でした。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD