旅に出る前に(上海〜バンコク)

【中越国境の橋の上にて】
「世界旅行者・海外説教旅」・第一章:旅に出る前に
世界旅行者は2002年夏、大阪から新鑑真号に乗って上海へ、二泊三日の旅に出ました。
彼は、旅行予定を決めません。
なぜなら、彼の旅は、神によって定められるからです。
世界旅行者は、船の中で出会った旅人たちとの会話から、雲南省へ向かうことを選択します。
もちろんそれは、神によって雲南省へ導かれていると、悟ったからです。
二泊三日の鉄道で、1人、雲南省の昆明へ。
そこからさらに、ペー族の町・大理古城へ、そして世界遺産・麗江へ。
大理での様々な人との素晴らしい出会いを振り捨てて、昆明からバスで開遠へ、さらに中越国境の町河口へ。
国境にかかる橋を渡ってベトナムのラオカイへ。
その国境で出会った旅行者の皆さんといっしょに、ベトナムのサパという少数民族の町へ。
さらに、冷房もない夜行寝台で、ハノイへ。
ベトナムの町を次々に訪れながら、ついに1994年以来の二度目のサイゴンへ…。
東南アジア観光の目玉、2j回目のカンボジアのアンコールワットへ。
国境で知り合った日本人旅行者仲間と、陸路でタイへ。
僕はこのとき、インドのビザを用意していた…。
インドへ行くのか行かないのか。
旅はどこまで続くのか、いつ終わりが来るのか。
本物の旅では、そんなことはわかるはずもない…。
世界旅行者の繊細な心の動きと、旅での出会い、愛そして別れ…
さらに、現地の詳細な状況、旅行情報もテンコ盛りの、「世界旅行者・海外説教旅」です。
注意してほしいのは、個人情報を守るために、旅先で出会った人は、すべて本人とはわからないように、別の名前にしてあります。
また、学生さんの大学名や社会人の経歴も隠してあります。
「2002年に東南アジアで、世界旅行者さんに会ったのは僕だけど、ちょっと違うよ」と思う人もいるでしょう。
しかし、本当に面白いこと、怪しいこと、そんなものは、ネットでは書けません。
そこは、御自由に、お勝手に、想像してください(笑)。
ネットでは、ここまで書くのが限界です(涙)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD