上海〜バンコク旅行記(2002)

日本 中国 ベトナム カンボジア タイ

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

world index


【ラオカイからサパへの山道にて@ベトナム(2002)】

日本

「東京〜大阪〜上海〜昆明〜ベトナム〜カンボジア〜バンコクの旅」の序文らしきもの

『新鑑真号では、ステキな出会いがたくさんあります』@大阪/日本
『新鑑真号と燕京号を比較し、中国人妻との出会いから、日本人と日本文化を考える始める』
『新鑑真号の中でガイドブックを読み始めるが、旅行計画はまだ立てない』@新鑑真号

中国

『新鑑真号で黄浦江へ入って国際桟橋に着き、両替をして、浦江飯店へチェックイン、そして、上海駅へ』@上海/中国
『上海駅へ行ったが、わけがわからないので、時刻表を買って、龍門賓館にある外国人用切符売り場へ行ってみる』@上海/中国
『上海観光もしてないのに、翌日の、昆明行きK79次硬臥の切符を、個人で取ってしまって、とっても慌てる』@上海/中国
『上海駅から豫園へ市バスで行って、レストランで食事のあと、小雨の中をタクシーで浦江飯店へ戻る』@上海/中国
『浦江飯店(PUJIAN HOTEL/ ASTOR HOUSE HOTEL)を歩き回って、著名人がたくさん宿泊していた、昔の一流ホテル時代を想う』@上海/中国
『浦江飯店から外灘(The Bund)を歩いて、フードコートのある大きな建物へ。午後には5人で、夜は一人で歩いた』@上海/中国

『バンドを歩いて、地下鉄を乗り継いで、上海駅へ到着し、上海→昆明、K79次「加1車」を待つ』@上海駅
『硬臥上舗/中国列車の硬臥、その上段ベッドでの過ごし方』@K79/上海〜昆明/中国
『上海から2泊3日の列車に乗って、昆明に着き、昆湖飯店に宿を決める』@昆明/雲南省/中国
『世界旅行者は、昆明汽車站、昆明火車站、雲南省昆明の町を歩いて、昆明からの交通を調べる』@昆明/雲南省

『昆明を出て、バスで5時間で下関へ、さらに4番バスで大理古城へ到着し、紅茶山賓館に泊まると決めて、護国路を歩く』@大理古城/雲南省
『大理を歩き、日本人女性と語り、日本人旅行者の巣「菊屋」を発見する』
『大理から麗江に行ったら、あんまり気に入らなかったので、とっとと大理へ戻りました』@麗江/雲南省/中国
麗江古城の写真(2002年夏)

『菊屋で朝食をとって、大理にしばらくいるかどうか考えて、麗江へいく日本人旅行者と話をする』
『世界旅行者は三塔倒影公園へ行って、ペー族のガイドさんと写真を取る』@大理/雲南省/中国
『世界旅行者は崇聖寺三塔を見て、奥へ進み黄金大仏に祝福される』@大理/雲南省/中国

『世界旅行者は雨の大理を出て昆明へ、長靴を履いた謎の老人と出会って、昆湖飯店でみどくつさん♪と、名前を呼ばれる』@昆明/雲南省/中国 
『昆明から河口への狭軌の鉄道が運行してないという情報を得て、バスで開遠へ行くと決める』@昆明/中国
『人は、最初の旅の幻影を追い求め続けるが、二度と手にすることはない(旅行者との話)』@昆明/雲南省/中国
『昆明から開遠へバス移動したが、バスターミナルで、河口へのバスがないと、筆談で告げられる(涙)』@開遠@中国
『開遠大酒店から開遠客運南駅へタクシーで行って、河口への切符を買って、歩いて戻ってチェックインする』@開遠/雲南省/中国
『歩行者天国・青年路片區商業歩行街から、繁華街の人民中路を歩く』@開遠/雲南省/中国
『満員の小型バスの座席に押し込められて、開遠から5時間半かかって河口へ』@開遠/雲南省/中国
『ベトナム・ラオカイを前にして、中越国境の町・河口に早く着きすぎたが、東方賓館に泊まると決める』@河口/雲南省/中国
『中越国境の町・河口で一泊することにして、バスターミナル、国境の橋、鉄道橋、河口駅、などを見て歩く』@河口/雲南省/中国
『国境を越える時には、何が起きても不思議ではない。だから国境越えの前は十分な準備をする』@河口/雲南省/中国
『中国の河口からベトナムのラオカイへ、陸路国境を越える時に、一番大切なことを忘れていたが…』@ラオカイ/ベトナム

ベトナム

【サパ風景】
『中国の河口からベトナムのラオカイへ、陸路国境を越える時に、一番大切なことを忘れていたが…』@ラオカイ/ベトナム
『中越国境の橋を渡ってラオカイへ入ると、予想通り、イミグレーションで、旅行者の集団と会う』@ラオカイ/ベトナム
『ちょっと下手な両替をして、オランダ女性の命を救って、さてサパへ進む』@ラオカイ〜サパ/ベトナム
『サパで、あちこちチェックして宿を決めて、翌日のハノイ行き夜行列車の予約を取る』@サパ/ベトナム
『サパの宿の、チェックアウト時間のヒッカケをすり抜けて、バスでラオカイ鉄道駅へ』@ラオカイ/ベトナム
『日本人3人とベトナム人のガイドさんが一緒のコンパートメントで、がたがた鉄道、冷房なしの一等車、ハノイ駅に朝4時に到着』@ラオカイ〜ハノイ/ベトナム

ハノイはシンカフェだらけ 【ハノイの安宿街を歩くと、目立つのが、ネットカフェと旅行代理店。どこもシンカフェの看板を出している】
『ホンゴックホテル305号室にチェックインして豪華朝食を取る』@ハノイ/ベトナム
『ベトナムでもドルのトラベラーズチェックとドルの現金で旅するのがいい』@ハノイ/ベトナム
『翌日のハロン湾一日ツアーに申し込む前に、いっしょに行く日本人旅行者を捕まえる』@ハノイ/ベトナム
『ハロン湾ツアーで集合すると、その中の美女に、コロッと恋をしてしまう』@ハノイ/ベトナム
『ツアーのお昼ご飯で、箸を自慢するへらへらした旅行者がいたが、彼はツアーを間違っていた』@ハロン湾/ベトナム
ハロン湾のボートツアーを楽しむ@トンキン湾/ベトナム
『ハロン湾へ行った日の夜の鉄道切符が入手できず、ハンベー通りを歩いて「ESPECEN HOTEL」を見つける』@ハノイ/ベトナム
『ホーチミン廟を見るために町を歩いていくと、レーニン像にぶつかって、びっくり』@ハノイ/ベトナム
『ホーチミン廟を見て、シクロで戻ると、ちょっとしたオキマリの料金トラブルが起きる』@ハノイ/ベトナム
『ホテルで夜まで過ごし、バイクに乗ってハノイ駅へ行ったら、「Lonely Planet」を置き忘れていた』@ハノイ/ベトナム
『外国人コンパートメントには、フランス人3人、ドイツ人、日本人、ベトナム人がいた/ドイツ人のガールフレンドの謎/ビンジュオンU』@フエ/ベトナム
『日本人宿のビンジュオンホテルには、マンガを読みふける日本人の若者がたくさんいた』@フエ/ベトナム
『歩いてフォン川を渡り、フエの王宮を見たが、入場料が高い割りに、たいしたことはなかった』@フエ/ベトナム
『情報ノートにあったフエの名物【1万ドンステーキ】を2つ食べて、翌日移動を心に決める』@フエ/ベトナム

フエのシンカフェ 【フエの通りにはシンカフェがあって、ここでいろんなツアーに申し込めるが、ホテルでも大丈夫だよ】  
フエの王宮 【フエの王宮はベトナム戦争のテト攻勢でかなり破壊されたが、それよりも破壊的なのは外国人の入場料だった】

ランコービーチ 【フエからホイアンへのツーリストバスがビーチで停車したら、そこはランコービーチだった】
フエからハイヴァン峠を越えてダナン経由でホイアンへ着き、日本橋を見る@ホイアン/ベトナム 
ホイアンには観光客向けの小さな店がたくさんありました(提灯屋とネットカフェ)@ホイアン/ベトナム
川の上のレストラン 【ホイアンの川の上にレストランがあって、そこで日本人旅行者と飲むと、雨が降り出した】 
「HAI YEN HOTEL」 【ベトナムのビーチ・ニャチャンの海岸通にちょっと古いが居心地のいいホテルがあったよ】
「HAI YEN HOTEL」の表のビーチに本屋(BOOKEXCHANGEを見つけて、本を読んで過ごす。@ニャチャン/ベトナム
「LIBERTY3 HOTEL」 【ホーチミンシティのファングーラオ通りにツーリストバスが止まった横のホテルを値切った】 
サイゴン(ホーチミンシティ)を歩く 【ファングーラオから、ベンタイン市場、レックスホテル、市民劇場を通って、ドラエモン食堂へ】
ベトナム製「Lonely Planet」@ホーチミンシティ/ベトナム
「一期一会」 【ホーチミンの日本人宿として有名だった「一期一会」へ顔を出しました】 
ホーチミンシティのシンカフェ 【ベトナム旅行は本当に簡単で楽。ただシンカフェに行って相談すればいいだけだ】 
シンカフェの朝の混雑 【シンカフェからはたくさんのツアーバスが出るので、シーズンの朝はバスを待つ人で混雑します】
ホーチミンシティの中央郵便局 【ホーチミンシティの中央郵便局の建物や内装は観光名所です】 
ホーチミンシティからプノンペンへの国境越え@モクバイ国境/カンボジア


カンボジア
ホーチミンシティからプノンペンへの国境越え 【ホーチミンシティからプノンペンへ、陸路で国境越えをする詳細レポート】
キャピタルホテルは、キャピトルホテルか? 【CAPITOLの発音について、英語ペラペラの世界旅行者がウンチクを傾ける】
キャピタルホテルのレストラン 【キャピタルホテルのレストラン、ここがバックパッカーが集まり話すバックパッカーパラダイスだ】
つうちゃん食堂の怪しい中年男集団 【キャピタルホテルのすぐ近くに、怪しい中年男集団が集う変な食堂があった】
サダゲストハウス 【日本人宿サダゲストハウスで、マリファナをキメた馬鹿な若者がカンボジア人に騙される現場を目撃】
プノンペン中央郵便局の恐ろしい秘密 【実はプノンペン郵便局の1994年の恐ろしいヒミツは、2002年も続いていた】
豪華ボート 【プノンペンからシェムリアプへ、日本製のボートに乗った世界旅行者は、このボートはすぐにダメになると予言した】
「White Dolphin」@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
「White Dolphin」でモンキーダンス@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
チェンラホテルを正面から見る 【シェムリアプの日本人宿といえば、チェンラ。世界旅行者は1994年にも泊まったことがある】
タケオゲストハウスの内部のホール 【シェムリアプの有名な日本人宿タケオ、ここはとても居心地がよかったが、新築した】
旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア
アンコールワット(1)アンコールワット前で 【アンコールワット、この世界遺産は世界旅行者もオススメです】
アンコールワット(2)旅先で友達を作る 【カンボジア国境、キャピタルレストランで知り合った人と一緒にアンコールワットへ♪】
アンコールワットの想い出 【世界旅行者は1994年にアンコールワットを訪れて、バイヨンである少年と出会った】
【アンコールワットまとめ】海外旅行が好きならば、なるべく早くアンコール遺跡群を見たほうがいい
チェンラで会った女の子 【旅をしただけでは本当の旅ではない。旅に心を開かなければ。世界旅行者はそれを教える】
シェムリアプからポイペトへ 【シェムリアプからバンコクへのツーリストバスの遅さは信じられなかったが、理由があったんだ】

シェムリアップからポイペトへのバス(2002)

タイ

『カオサンのMPツアーで、バンコクから成田への片道航空券を8100バーツ(24000円)で買う』@カオサン通り/バンコク/タイ
国立競技場駅前のホテル 【マレーシアホテル周辺、中華街周辺、カオサンを経験した世界旅行者は国立競技場前のホテルを調査】


駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

world index

xxx