『新鑑真号では、ステキな出会いがたくさんあります』@大阪/日本

【新鑑真号にて】
大阪のコスモスクエア駅に着いてエスカレーターを上がると、そこにはすでに数人の大きな荷物を持った人たちがいた。
どうやら、ここにバスが来るらしい。
時刻表を見ると、バスは、国際フェリーターミナルに船が着く日だけ、特別に動いているようだ。
9時半に最初のバスがやってくるころには、長い列が出来ていて、次々に乗り込む。
すぐ満員になる。
ターミナルに着いたが、中には売店もなく、もちろん免税品店もなく、殺風景な待合室があるだけ。
カウンターでボーディングパスをもらっうが、待っていても何もすることがない。
椅子があちこちにあるが、乗客が非常に多いので、一度座ったら立ち上がらないようにしないと、席を取られてしまう。
こういう時は確かに、バックパックを持ってきてよかったと思う。
いざとなればバックパックを床において、バックパックに腰を下ろせるからね。
同じ感じの旅行者はいないかと見回す。
乗客は、あとで話をしたが、里帰りの中国の人が多いのと、日本人の団体旅行もいるようだ。
日本人のバックパッカーらしき旅行者は、案外と見つからない。
前回の、神戸から出港してアジア横断旅行をしたときは、ほとんどバックパッカーだった。
バックパッカーが多すぎて、話しかけるのを控えたんだけれどね。
乗船して、僕が指定された、二等の洋室612号に案内してもらう。
二段ベッドの8人部屋で、中央通路を挟んで、両側に4つずつのベッドがある。
入り口のドアを開けたところに、棚があって、そこに荷物を置けるようになっているが、かなり小さい。
僕のベッドはドアを開けて入った左奥の下側の8番ベッド。
部屋に入ると、僕のベッドの上段に一人の日本人の若者がいて、荷物を開けていた。
僕は「こんにちわー、よろしくお願いしまーす♪」と、声をかける。
旅先では、ドミトリーの宿や寝台車、船室などで、しばらく同じ空間、時間を共にする人とは、ある程度の人間関係を作っておくことが大切。
というのは、この部屋には自分の荷物を置きっぱなしにするわけだし、僕自身がいつも部屋にいるとは限らない。
寝る時以外は、僕がベッドしかないこの部屋にいることはほとんどないだろう。
だから、荷物を見張ってもらう(ちょっと注意しておいてもらう)ためにも、人間関係を作っておいた方が有利なんだ。
旅行経験が多ければ、それがわかっている。
旅慣れていると、まずは挨拶をして、互いにある程度の人間関係を作ろうとするものなんだよ。
この若者は、「あ、どーも…」と返事しただけで、ベッドのカーテンを閉めてし閉じこもってしまった。
そのあとも、次々に旅行者らしい若者が、部屋に入ってきた。
が、みんなどうも基本的な挨拶も出来ない人ばかりで、全体的に暗い感じだ。
これが今の若い人たちの普通のタイプかもしれないね。
実は、僕が異常に人付き合いがよく、話が面白い。
その源が大学時代のユースホステル(YH)活動にあることを、ここで告白しておこう。
これが正しい海外個人旅行」の序文にも書いておいたのだが、僕は大学時代に京都のユースホステルグループに参加していた。
そして、ユースホステルを利用して、日本中を旅してまわっていたんだよ。
そのころのユースホステルでは、宿泊者を集めて、ミーティングというものがあった。
夕食後に若者が集まって、歌ったり、踊ったり、ゲームをやったりして、仲良くなっていたものだ。
それが、一つの「ユースホステルタイプの人間」というのを製造していたのだと思う。
ある意味では僕はその「ユースホステルタイプの人間」の典型なんだよなー(笑)。
つまり、旅先で出会った人と、すぐに話を始めることが出来る。
また、親しくなった、盛り上がった状況に、いつまでもこだわったりしない。
一つのユースホステルで盛り上がっても、翌朝はそのことはあっさりと忘れて、一人一人別のところへ旅立つ。
次の日は、別のユースでまた盛り上がる、これを繰り返していたわけだ。
そのころのユースホステルには、日本の若者の中の、一種特別な文化があったのだと思う。
それは、急激に燃え上がって、あっという間に消えてしまったのだけれどね。
今では滅びてしまった。
同じ部屋に泊まる日本人の若者たちは、全体的に、旅慣れてない人たちだと感じたね。
出港も見学したいし、僕は部屋を出てパブリックスペースに出て行った。
するとそこに…。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD