『歩行者天国・青年路片區商業歩行街から、繁華街の人民中路を歩く』@開遠/雲南省/中国

【青年路片區商業歩行街@開遠】
開遠長距離バスターミナル隣の、開遠大酒店正面の階段をトントンと下りて、大きな通りを左へ、つまり南へ歩き出す。
本の詰まった、僕の10kg以上するバックパックを部屋に置いたので、とっても身軽だ。
実は、バックパックを背負って、南駅から歩いて戻ってくる時に、なにやら賑やかそうな通りを見つけていた。
それを、青年路という。
なぜ名前がわかるかというと、この通りの入り口に中国風のゲートがあって、そこに「青年路片區商業歩行街」と書いてあったからね。
「歩行街」つまり、青年路は歩行者天国なんだよ。
歩行者天国ならば、いろんなお店もあれば、食堂、レストランもあるだろう。
また、歩行者天国というものは、銀座、新宿に限らず、もともと町の中心部に通じているもの。
僕の計画としては、まず青年路をぶらぶら歩いて、開遠の中心街へ行く。
適当な食堂でもあれば、そこでビールを飲んで、夕食を取る。
できれば、お店で、お酒とつまみを買ってきて、部屋でゆっくりと今日一日を回想する。
旅の喜びは、ただ、今日一日を無事に生き延びたことを確認する、ここにあるわけだ。
青年路に入って、ずんずん歩くと、中国の商業街そのままに、服屋から、雑貨屋から、食料品店から、食堂までたくさん見つかった。
さらに、青年路の終わりまで、ずいずいっと進むと、右側にかなり感じのいいホテルが見つかる。
その一階が、大きなレストランになっていて、多くの人がわいわいと食事をしているのが、青年路に面した窓からよく見える。
みんな、楽しそうに食事をしているね…。
友達や、家族、恋人とおいしい食事をして、お酒を飲んでいる。
僕にはまったく縁のない世界だが、きっと楽しいんだろうね…。
しかし、こういうところは、中国語のできない一人旅の旅行者が入るには、ちょっと似合わない。
一人旅の旅行者の本当の友達は、慣れ親しんだ、絶望的な孤独だけ(笑)、なんだからね。
このにぎやかなホテルは、青年路がぶつかった人民中路という、おそらくは繁華街のメインストリートとの角に立っている。
人民中路には車が走っているが、その両側には、よく手入れされた並木と歩道があり、新華書店まであるのを見つける。
通り過ぎたホテルの入り口で人込みがして、フラッシュが見える。
戻ってみると、なんと、タキシードとウェディングドレスの美男美女の新婚夫婦が、高級車に乗り込むところだった。
最初は開遠をくすんだ工業都市だと思ったりしていたが、違うねー。
地方都市でも、中心街に来ると、発展し続けている中国の活力が感じられる。
人民中路にまともなスーパーマーケットを見つけたので、中国製ワインとフライドチキンを購入。
これで夜食は一応確保したが、ちょっと夕食を取りたいキモチで、青年路を戻る。
食堂はぽつぽつ見つかるが、問題は、言葉が通じないので、注文ができないのと、値段がわからないこと。
僕の今までの経験では、中国では値段表のないところでは必ずぼったくるものなのだ…。
少々ぼったくられても仕方がないが、またそこで、言い争いをしたり、ゴタゴタするのがイヤなんだよね。
青年路の最初のゲートの近くまで帰ってきた。
が、やはり夕食を食べたいし…と、また後戻りして、なんとなくよさそうな食堂を見つける。
中国人の家族が6人くらいで丸テーブルを囲んで食事をしているので、ひどいところではないだろうと思う。
思い切って入っていって、ジェスチャーで野菜炒めとビールを頼み、さらにギョーザを注文すると、それが水餃子で、日本風の焼き餃子はないようだった。
しかもその水餃子が、出来合いのものらしく、ちっともおいしくない。
一人で本を読みながらビールを飲み食事をしていると、中国人家族の中の青年が話しかけてきた。
ノートに「我日本人」と書いたりして、筆談をする。
鉄道に乗った時も書いたと思うが、僕は食事の時に、わざわざ中国の人と、筆談で会話をしたい気持ちはないんだよ。
僕は、海外で地元の人とちょっと話をしただけで、「世界中どこでも変わらない人の優しさを知りました」なんて喜んだりしない。
やっと家族が帰って、またビールを一本追加して、飲みなおして、一人でいることの幸せを噛み締める。
ひょっとして明日、バスが事故にあって、誰にも見取られないまま、中国雲南省の奥地で、一人ぽっちで死んでしまうかもしれない。
それって、とてもスッキリしていて、キモチイイよね。
本当の旅人というものは、自分が生きていることと、身近に常に存在する「死」を隣りあわせとして感じている。
だからこそ、生きている喜びを感じるわけなんだよ。
ちょっと酔っ払って、ふらふらしながら、ホテルの自分の部屋に帰る。
開遠大酒店、ここに僕が魅かれた正直な理由は、実は、客がほとんどいなくて、潰れかけていると感じたからだ。
大きなホテルなのに、こんなに客が少なければ、明日にでも潰れてしまうかもしれない。
日本と違って、中国ではすべてが激しく急速に動いている。
それがとてもキモチイイ。
万が一、僕が開遠へまた来ることがあっても、僕はこのホテルも、部屋も、二度と見ることがないだろう。
だからこそ、僕はこのホテルに泊まりたかった。
それは、僕が、西アフリカでセネガルのダカールからマリのバマコまでのすぐにでも終わりそうな国際列車に乗ったことと同じだ。
旅人は、過ぎ去ったものを記憶するために、生きている。
記憶を、自分と共に、葬り去る。
それが、とても贅沢なことなのだと、知っている。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD