『ホンゴックホテル305号室にチェックインして豪華朝食を取る』@ハノイ/ベトナム
【ホンゴックホテルの名刺の表(左)と裏(右)】
ハノイ駅前の有料トイレで大を済ませて、ハノイ駅の待合室へ戻る。
僕は歳なので、午前5時くらいには、前夜寝ていなくても目がパッチリと覚める。

することがないので、「Lonely Planet South East Asia on a Shoestring」を読む。
なにしろ、ハノイがどういうところか、いままで全く調べてないんだから。

人間、ぎりぎりにならないと何もやる気が起きないものだ。
世界旅行者もハノイについて考えるのは、ハノイ駅について、朝になってから。
いよいよ動かなければどうしようもないという、絶体絶命の状況になってから。
日本人とは、もともとそういうもの。

駅の待合室で「Lonely Planet」を読み出した。
ハノイには安宿街があるようだ。

ホアンキエム湖の北側がバックパッカーストリートになっている。
そこの「アンシン」というゲストハウスに、日本人がいると聞いていた。

ドミだろうから、僕が泊まることはない。
ただ、日本人旅行者を見つけて、一緒に飯を食う相手にしてもいい。

「Lonely Planet」のハノイ地図で距離を見ると、中途半端に遠い。
20分程度は歩くようだ。

でも地図があるので問題はない。
午前6時になって、だんだんと明るくなってくる。

さてどうするかだ。
まずとにかく、ホテルを見つけなければならないが…。

午前6時になれば、動き出してもいい。
だいたいバックパッカー宿というものは、朝が早い。

午前7時になれば、部屋が開いていれば、もちろんその場でチェックインできる。
チェックインできなくても、荷物を預けてベッドを確保できる。

そのあとは、時間つぶしに、朝飯を食べてもいい。
旧フランス領のベトナムの首都だから、洒落たカフェもあることだろう。

というわけで僕は、金髪くん亜瀬尾くんに声をかけて、バックパックを背負った。
僕が「Lonely Planet」を開いて、地図を見ながら、ズンズンと歩いて行く。

2人は僕よりもちょっと遅れて、話しながら着いてくる。
朝のハノイはまだ町が動いてないので、がらんとしている。

バックパックを背負った僕は、すたすたすたっと歩を進める。
頭の中は、今日やることを考えている。

まずどこか適当な宿を決める。
そして、今日中に世界遺産のハロン湾へのツアーを申し込む。

ハロン湾を見てしまえば、すぐにフエへ移動するつもりだ。
それにしても、とにかくどこかホテルを決めて、バックパックを置かないと動きが取れない。

バックパックを背負って地図を見ながら歩く、僕のスピードは大変なものだ。
頭の中は、自分の位置を地図で確認することで一杯。

そうして歩いている、他の2人をかなり遠くへ置き去りにしてしまった。
2人を待ってもいい。

ただよく考えると、2人とはどうせハノイで別れることになる。
河口からラオカイの国境越えのときも旅行哲学しているが、国境を越える時には旅行者は互いに知り合って助け合うもの。

それは、国境ではいろんな危ないことがあるので、集団になって危険を避けるためだ。
また、一緒に旅行すれば、助け合うことができる。

例えば今朝、僕がハノイ駅でトイレを探した時。
僕のバックパックは2人に見張ってもらった。

もちろん僕も、彼らのバックパックを見張ったりした。
それよりも何よりも3人が一緒だということで、危険度は低くなるね。

ところが僕たちはもう、新しい町へ来てしまった。
ハノイには山ほど安宿があるので、同じところに泊まる意味がない。

また、ハノイには日本人旅行者も、うじゃうじゃいることだろう。
新しい旅行者といくらでも知り合うことができる。

すると、無理に3人が一緒に行動する意味はない。
同じ宿に泊まっても、逆に気を使うだけだ。
また、わざわざ改めて別れの言葉を告げる必要もない。
だって、旅行者というものは、同じようなルートを通る。
会えるものならばまたどこかでまた再会するだろう。
ちなみに金髪くんとは、このあとどこかのバスで再会したはずです。

そう思った僕は、さらに歩くスピードを上げて、後ろを振り向かず、進んだ。
結局2人を振り切ってしまったみたいだ。

今日はとにかく、ホットシャワーを浴びて、ゆっくりと寝たい。
何しろ昨夜は、がたがた列車のベッドで、ほとんど寝てないんだから。

歩きながら、「Lonely Planet」をめくっている。
「Place to Stay - Mid-Range」のトップに「ホンゴックホテル(Hong Ngoc Hotel) 1」というのを発見する。
このホテルの場所が「34 Pho Hang Manh」となっていて、いま歩いている通りから、ちょっと左へ入ったことろだ。
それなら一応見るだけ見てみましょうか。

フランス風の街路樹のある町並みがちょっとアジア風に崩れた感じの通りに、ホンゴックホテルは見つかった。
ホテルのドアは開いていたので、入っていって声をかけると、フロントの男性が挨拶する。

清潔な服装で、髪の毛もさっぱりしていて、なかなかの美男子だ。
僕はにっこりと笑って、「Good morning! Do you have a room?」と聞く。

世界旅行者とフロントの美男子の視線が絡み合い、互いを値踏みする。
ぼくの格調ある英語で僕の知的レベルを知らせ、雰囲気と目つきで信頼できることが了解される。
このホテルはさすがに人気らしいが、今日の部屋はあるとか。
それが305号室、クーラー、シャワー、トイレ、テレビ付き。

大きなダブルベッドの部屋で25ドル。
ちょっと高いが、テーブルも椅子も重厚な木でできていて、すごく落ち着く。

ただ、オーストラリア人がチェックアウトしたばかりということで、まだベッドを作ってない。
バックパックは部屋に置いていい。

ホンゴックホテルは1階で朝食の用意をしていた。
部屋代には朝食も含まれているとか。

部屋代に含まれているのは、もちろん明日の朝の食事だ。
しかしお腹もすいていることだし、交渉して、今朝の朝食も付けてもらう。

ベトナム風の熱い麺と、洋風のトースト、コーヒー、卵、ソーセージまである、かなり本格的なものだ♪
この朝食は、正直、僕が世界中旅をしてきて食べたものの中でトップ3に入る。

これで25ドルならば、ゼッタイにオススメです。
さすが「Lonely Planet」の中級ホテルのトップに掲載されているだけのことはある。

スタッフは「日本の女の子も泊まってますよ」と言う。
それは、ホテルが客引きのためによく使う言葉なので、適当に聞き流す。

朝食も済ませ、部屋にバックパックも置いた。
ベッドメイクは済んでいない。

それならば、まだ朝は早いが、ハノイのバックパッカーストリートを歩いてみましょうか。
そう決めた世界旅行者先生は、ホテルを飛び出して、さらに歩きます。

目指すところは、日本人宿?のアンシンホテルがあるハンベー(Hang Be)通りだ。
そこで何を見つけるか、それは次回のお楽しみ♪

【旅行哲学】いいホテルを見つけるのは、旅の最大の喜び。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD