『ホーチミン廟を見て、シクロで戻ると、ちょっとしたオキマリの料金トラブルが起きる』@ハノイ/ベトナム

【ホーチミン廟@ハノイ/ベトナム】
ハノイ駅で、夜11時のE1列車の時刻を確認して、ディエンビエンフー通りを歩く。
そして思いがけなくレーニン像を見つけた。

かなりびっくりしたが、あとで調べると、レーニン像が立っている公園も「レーニン公園」というものだった。
レーニン像の写真を撮って、さらに歩く。

すると、官庁街のようなところへ迷い込む。
何か特別なことがあるのだろうか、通りを警官がふさいでいた。

車に乗っていれば問題かもしれないが、歩行者には全く関係ない。
何か聞かれたときのための身分証明としてのパスポートが、ジーンズの左前ポケットにあるのを確認する。

ちょっと立ち止まって、確認のために「Lonely Planet」の地図を見て、解説を読む。
「ホーチミン廟に入るところで荷物を預けさせられる。ここでパンフレットを4千ドン(約30円)で買わされるが買わなくてもいい」とある。

僕もデイパックを預けに行った。
すると、「あなたは日本人か?」と(英語で)聞かれる。

「イエース、アイムジャパニーズ」と答えると、日本語のパンフレットを手渡されて、4千ドン取られた。
パンフレットは買わなくてもいいとわかっていたが、でもまあ、いいじゃないか。

荷物の預かり料金は無料なんだから。
僕もホーチミンおじさんに敬意を表して、スパッと4千ドン(30円)払ったよ。

ホーチミン廟に入ったら、思いがけなく、見物客が多かった。
天安門広場の、毛主席紀念堂で見た毛沢東の保存遺体の時も、長蛇の列だったが…。

しかし、例えば日本で、誰か有名人の遺体を保存して公開したとしても、まあ見る人はいないんじゃないかな。
日本人としては、保存された遺体を見に行く、その感性がよくわからない。

これは永遠の謎として、取って置きましょう。
というか、どうでもいいことだしね(笑)。

ホーおじさんの遺体を見たあと、またディエンビエンフー通りを、歩いて戻っていると、いい加減疲れを感じた。
自転車の前に座席を付けた「シクロ」というものが、僕に寄ってきた。

僕は1994年にサイゴン(ホーチミンシティ)に行った時、シクロに乗ったことがある。
その時は、シクロの運転手も結構親切で、普通に乗って普通に走り、約束通りの場所で降ろしてもらった。

料金も約束どおりだったが、もちろん、僕はチップをちょっと弾んだ。
特に問題はなかった。

ところが、この旅行をやっている2002年になると、シクロの悪評がすさまじい。
「地球の歩き方」にも、「シクロのトラブルが多いので個人では乗らないほうがいい」というアドバイスがあるほどだ。

でも、僕の考えは大きく違う。
「どんなトラブルがあるのか、ちょっとならば、体験してみてもいいな〜♪」という感じだ。

同じ道を歩いて帰るのは、年寄りには精神的にも肉体的にも、疲れるからね(笑)。
声をかけてきたシクロと交渉する。

シクロ運転手の最初の値段、「ホアンキエム湖まで、3万ドン(2ドル、240円)」は、もちろん高すぎる。
それを、2万ドン、1万ドン、と値下げさせる。

1万ドンは80円程度なので、それ以下に下げるのもかわいそう。
「Lonely Planet」の地図を見ると2キロ程度の距離になる。

あとで調べると、2kmで1万ドンはごく普通の料金みたいだった。
しかしこのシクロの運転には感動した。

とにかく、むやみに交差点に突進していく。
自転車の前に座席が付いているのだから、メチャ迫力があるよ(笑)。

ジェットコースターよりも興奮するかもしれない。
そして、他のシクロや自転車、バイク、車と、ぶつかりそうになりながら、うまくかわして、ホアンキエム湖の近くへ行く。

シクロはホアンキエム湖へは行かない(あとで、未確認だが、湖の周囲へは入れないという噂も聞いた)。
でも湖は見えているので、シクロを降りた。

約束の1万ドンに、観光客でもあるし、結構面白かったので、1万ドンのチップを入れて、2万ドン払おうと考える。
ところが、このシクロ運転手は2万ドンを断る。

そして、僕の財布を見て、5万ドン札(4百円)を指差す。
5万ドン札を、5千ドンだと言い張る。

そして「5千ドン、オッケー♪」と、5万ドンを取ろうとする。
いくらなんでもそれは無理、世の中通らないだろうと、僕は思う。

でも僕の心の中には、別の考えが浮かんだ。
「このシクロのおっさんは、なぜミエミエなのに、5万ドン札を5千ドン札だと言い張るのだろう?」との疑問だ。

一つの答は、「外国人は5千ドン札と5万ドン札の違いがわからない」と考えて、誤魔化そうとしているのかな。
正直、ベトナムのお札はゼロの数が多いので、うっかりすると、価値がわからないってことはあるんだ。
ここで、最初の約束通り1万ドンを渡して、あっさり立ち去るのは簡単だ。
でもそれは、普通の人間のやることだ。
まあ、観光客としては、シクロに乗って、ホアンキエム湖まで、無事にたどり着いたのだから大成功。
お金持ちならば、5万ドンくらい払ってもいいかもしれない。

でも、5万ドン(4百円)と言えば、ベトナムではビールが思い切り飲めるお金。
ビールを飲んで気持ちよくなったほうがいいんじゃないか。

そこで、僕はビールを選ぶことにした。
結局、料金とチップ込みで、2万ドン渡して立ち去りました。
でも一度こういうことがあると、2度とシクロには乗りたくなくなるよね。
このあと、サイゴンへ行っても、シクロには乗る気が無くなった。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD