『ハロン湾へ行った日の夜の鉄道切符が入手できず、ハンベー通りを歩いて「ESPECEN HOTEL」を見つける』@ハノイ/ベトナム

【夜中に歩いて見つけた「ESPECEN HOTEL」】
ハノイ出発のハロン湾一日ツアーは、午後5時ごろに終わった。
バスに乗ってハノイへ急ぐが、もちろん途中で土産物屋に寄る。

その土産物屋の時間が、ムダに長かったなー(涙)。
結局、ハノイへ到着したのは、午後9時過ぎになったよ。

僕は旅行代理店に切符を頼む時に、次のように考えていた。

「ハロン湾一日ツアーからハノイへ戻ってくる時刻が7時とはいっても、当てにならない」
「とすると、S3かE1に乗ることになるだろう」

しかしS3の出発が午後8時半だ。
もし切符が取れていても、列車はとっくに出発してしまっている。

バスは真っ暗な夜道に停まる。
「ここでおしまい!歩いて帰れ」と、見知らぬ通りに放り出される。

一緒だった大学生君が、降ろされたところが、アンシンGHの近くだと知っていた。
だから、道に迷わずに、スムーズに移動できた。
このように、旅先ではとにかく人と知り合ったらすぐに役に立つわけだ。
普通ならばここで、ビールでも飲みながら、今日のハロン湾ツアーのことで話を盛り上げるもの。

しかし、彼とはここでサヨウナラする。
僕はとにかく列車の切符が取れているかどうか、確かめなければならない。

午後11時の列車の切符が取れていれば、すぐに駅へ行くつもり。
彼と別れて、急いで旅行代理店「ラブプラネット」へ。

ラブプラネットへ行くと、今日の切符は取れなかったとか。
まあ、そっちの方がよかったわけだけどね。

明日の23時(午後11時)ハノイ発、午前10時15分フエ着のE1列車が取れていた。
切符を見ると、Hard Bed/Airconditionedだそうだ。

客車番号3、コンパートメント2番、ベッドは11番、最上段。
料金は21ドル。

切符に書いてある料金は247000ドン。
1ドルを15000ドンと考えると、16.5ドル。

それで、僕が支払うのが21ドルだから、4ドル半の儲けか、まあいい商売かな。
ただこの切符には、「ticket for foreign passenger」とあるので、そもそも、バッチリ外国人料金だ。

あとで乗ったときに、この切符についてディープに考えるので、覚えておいて欲しい。
デポジットを10ドル支払っていたので、残りの11ドルを払う。

預けておいたバックパックを背負う。
さてこれから、ホテルを捜さなければならない。

ラブプラネットのおじさんは、僕にホテルを紹介すると言う。
従業員のバイクで、僕をそのホテルへ送るというんだ。

ただ、昨日の経験から言っても、やはりハンベー(Hang Be)通りのホテルの方が何かと便利だ。
申し出を断って、夜の通りに歩き出す。

すると、すぐに「ESPECEN HOTEL(22 Hang Be/ Ha Noi/ Viet Nam)」というのが目に付いた。
入っていって部屋を見せてもらうと、寝るだけならば十分。

201号室、シャワーイレつきのシングルルームで7.5ドルだ。
前日泊まっていた「ホンゴックホテル」は、綺麗だったが25ドルもしたからね。

バックパッカーとしてはやはり、バックパッカー向けのいろんな店が並ぶハンベー通りが便利だよ。
部屋を決めて、バックパックを部屋に置いて、夕食に飛び出す。

カイザーカフェという食堂で、ビールの大瓶を3本(1本8千ドン)空けて、24000ドン。
ハロン湾の洞窟出口で、缶ビール一個で3ドルもボッタクろうとしたおばさんが、どれだけ吹っかけたかわかるだろう。

料理を2皿とって、ビールを飲み、ご飯を食べる。
寝る前にゼッタイ必要なミネラルウォーターのボトルを買って、合計66000ドン。

結局夕食に9万ドン(6ドル)使った。
今夜の部屋が安いので、埋め合わせは付くか。

部屋のベッドに横になり、今日の出来事を旅行ノートに書き込む。
ハロン湾へ行って、明日の夜の寝台車の切符を入手した。

そうそう、僕が参加したハロン湾一日ツアーは14ドルだった。
同じ船に乗った人で、20ドル払った人も15ドル払った人もいた。

中には、値切りに値切って12ドルというのもいた。
だったら、14ドルは平均かな。

今日も無事に過ぎたね。
旅人には、その日のベッドさえあればいい。
今日の思い出はつくった。
明日はまた、わけのわからない思い出が待っているだろう。
だってそれが、旅というものだからね。
【旅行哲学】夜中に飛び込んでも、結構部屋は見つかるものね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD