『外国人コンパートメントには、フランス人3人、ドイツ人、日本人、ベトナム人がいた/ドイツ人のガールフレンドの謎/ビンジュオンU』@フエ/ベトナム

【ビンジュオンホテル(Binh Duong Hotel)】
2002年8月9日。

ハノイ発のE1列車で目が覚める。
目が覚めるが、目的地のフエへの到着は、午前10時13分の予定だ。

列車にはクーラーも効いているし、清潔な寝具もある。
また僕のベッドは3段のうちの一番上で、誰の邪魔もされない。

世の中で一番気持ちいい状態というのは、半分眠っていながら、ぼんやりと起きていて、いろんなことが頭に浮かぶ半覚醒状態かな。
僕はこのとき、日本語の文庫本も持っていたので、眠い目でベッドで本を読んだり、また寝たりを繰り返していた。

朝になって、目を覚まさせるのが目的なのか、列車内に音楽が流れる。
それがまた、半分が日本の曲で、覚えているのでは「津軽海峡冬景色」なんかがあったよ(驚)。
僕は最上段のベッドで横になったまま、下で話される英語の会話を聞くともなく聞いていた。
というか、自然に耳に入ってるわけけだが…。

このコンパートメントには、フランス人3人、ドイツ人1人、日本人の僕、それからベトナム人のおじさん、の合計6人が入っていた。
そうして、このおじさんは、なかなか英語が流暢で、愛想がよくて、みんなに声をかけて、話をしていた。

僕の切符には「ticket for foreign passenger」とあったのを、思い出して欲しい。
ベトナム国鉄は客が外国人であるということを熟知している。
また、このコンパートメントには、5人の外国人が集まっている。
そうしてそこには、なぜか、英語ペラペラのベトナム人のおじさんがいた。
そのおじさんは、変に愛想がよくて、みんなの話を聞き出すのが上手だ。
これと同じことがあったのを、この旅行記の愛読者は思い出すだろう。
僕がインドネシアのジョグジャカルタからジャカルタへの昼間の列車に乗ったときも、僕の前には、イギリス人の若者がいた。
外国人旅行者というのは、まとめられるものなんだよね。
ベッドでごろごろしていて、ちょっとトイレに行ったが、また上段のベッドに戻って、本を読んでいた。
下の会話を聞くともなく聞いていると、ドイツ人の若者が「フエに行くのは、ガールフレンドがいて、大学に通っているからだ」と言ってるのを聞く。

それで僕は、「若者のガールフレンドがドイツ人で、彼女がフエで学校に通っているのかな?」と思ったりする。
欧米人というのは本当に世界を自由に歩き回っているので、ドイツ人の女性が、フエで大学に通っていても不思議ではない。

時計を見て、そろそろフエに近づいたころ、僕もベッドから出て、下に降りた。
不思議なことに、このときはフランス人の3人も、ベトナム人のおじさんもどこかへ行ったらしく、見当たらなかった。

フエの駅に着くまで、僕はドイツ人の若者と、いろいろ話をしてみた。
気になっていたのは、彼のガールフレンドというのがドイツ人なんかってことだ。

そこを聞くと、ガールフレンドとは、ベトナム人の女子大生らしい。
それならば、別に驚くべきことでもない。

きっと旅をしている途中か、フエに寄った時に知り合ったのだろう。
ただ僕は、ドイツ人ではないとわかった段階で、一つの区切りがついて、それ以上追求するつもりもなかった。

ベトナム人女性が、欧米人と知り合ったり、結婚したりするのはよくある話だ(このあともそういう話が出てくる)。
あとは旅行者同士定番の、互いの旅行の話をしたが、そのことは全く覚えていない。

さて、ベトナム国鉄は、驚くべき正確さで、たった3分遅れでフエ駅に到着した。。
予定が午前10時13分なのに、到着は10時16分なんだから。

フエの駅前に出ると、バイタクが群がっていて、声をかけてきた。
僕は、バイタクの群れをとっとと抜けて、歩き出す。
僕は人に取り囲まれるのがイヤ。
フエ自体はそんなに大きな町でもないだろうと、思わないわけではなかった。

ただ、どちらに行ったらいいか、さっぱりわからないけどね。
バックパックを背負って、ただひたすら鉄道駅から歩いていたら、バイタクが声をかけてきた。

僕がフエで行くところは決まっている。
ハノイで日本人から聞いた「ビンジュオンホテル(Binh Duong Hotel)」だ。

このホテルには、どうやら日本人がウジャウジャいるらしいからね。
だいたい方向もわからないのだから、バイタクに「ビンジュオン!」と言う。

するとバイタクは、「オーケー、オーケー」と答える。
5千ドン(40円)で、ビンジュオンへいくというので、気軽にバイクタクにまたがる。

バイクは軽やかな音を立てて、とっとっとーと走り、ゲストハウスへ到着。
ここがビンジュオンらしい。

ベトナム女性が出迎えてくれて、ビンジュオンであることを確認。
部屋を見せてもらうと、清潔で大きな、ベランダ付きの3人部屋を1人で使って15ドル。

それを14ドルに値切った。
でも、他に日本人が見えないし、日本語の本もなく、日本人宿にはなからずあるはずの情報ノートもない。

「ベトナムはとにかく人を騙すところ」という定説が頭に浮かぶ。
「日本人がたくさんいると聞いたんだけれど、ここは本当にビンジュオンか?」と追求する。

すると、これは、「ビンジュオンU」だとか。
あーあ、やはり騙されていた。
フエに来たからには、有名な日本人宿「ビンジュオンホテル」に泊まらないわけにはいかない。
だって僕は、日本人宿にいる日本人を観察するのが、趣味なんだからね(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD