『国境を越える時には、何が起きても不思議ではない。だから国境越えの前は十分な準備をする』@河口/雲南省/中国

【河口側から見るベトナムとの国境の橋】
2002年8月4日、中国河口、東方賓館で朝の6時ごろには目を覚ます。
旅に出たときの習慣として、常に早起きだが、今日はベトナムへの国境を越える、いよいよその日だからね。
ツインの部屋の片方のベッドに、バックパックの中身を全部空けて、もう一度チェックする。
パスポートを取り出して、ベトナムのビザがあること、その有効期限を再度じっくりと確認する。
2004年1月1日からはベトナムへの「15日を超えない短期観光旅行」にはビザが不要になった。
旅は簡単になったが、これでベトナム旅行の面白さがガクッと減ったよ。
やはり海外旅行というものは、自分が興味を持った国に入るための条件をいちいちクリアして、いろいろ苦労をしてビザを取って、それからやっと始まるのが本当だ。
ビザが不要になってしまっては、その面白さがなくなってしまう。
思いついたときに飛行機に乗りさえすれば、誰でも簡単にすんなりとベトナム旅行ができてしまうようになったら、ベトナム旅行の価値がググッと減少してしまううよ。
これではちっとも面白くないし、自慢にもならない。
ベトナムへの旅行というのは、1990年ごろは、日本でベトナムビザを取る場合、旅行代理店に高額の手数料を払って大変な手続きが必要だった。
「地球の歩き方」の最初のベトナムのガイドブック(「フロンティア」シリーズ)には、個人で何ヶ月もかけて交渉して、ベトナムビザを取った話が、大げさに紹介してあった。
ただそのころでも、バンコクでは誰でも、ただ一週間待てば、簡単にベトナムビザが取れていたんだけどね。
その時代は、ベトナムへ行ったというだけで、旅行自慢ができたものだった。
僕は1994年と、2002年にベトナムへ行ったが、正直、観光地としてはそれほどのことはない。
ベトナム戦争の記憶がある人は、いろいろと考えることもあるだろうけどね。
この2002年の夏の時点では、僕はベトナムビザをわざわざ東京のベトナム大使館へ自分で足を運んで取っていた。
ベトナムへ入るにも感慨、感動があるわけで、じっとビザを見てもの思いにふける理由、意味があるわけだよ。
荷物を念入りにチェックするのは、普通は、一度出国したら、また戻ってこれないから。
このホテルに何か忘れたまま、一度ベトナムへ入ってしまったら、普通は、それでオワリだ。
ここで「普通は」と念を入れた理由はだね、僕は戻ってこれるから(笑)。
実は中国のダブルエントリービザとベトナムのマルチエントリービザを持っているので、一度だけなら戻ってこれるんだ。
しかし、2002年の段階では、普通の人は、一度国境を渡ったら、二度と戻って来れない。
2003年9月1日から、中国へもベトナムと同じに、「15日を越えない短期観光旅行はビザが不要」になってしまった。
だから、この河口とラオカイの陸路国境については、日本人なら簡単に行ったり来たりできるようになってしまった。
そうなると、ちっとも国境の重みがないよね。
でも、2002年の夏のある朝はまだ緊張感があったので、国境を越える準備が忙しかったんだよ。
まず、とにかく、荷物をチェックして忘れ物がないか確認する。
トイレに何回も行く。
今朝は別にバスに長時間乗ったりするわけではないのに、しつこくトイレに通う理由は、今から国境を越えるから。
実はこの時期、ベトナムのラオカイ国境というのは、なかなかウルサイところだという噂が飛び交っていた。
国境の入国審査官が、理由のない手数料を要求したり、いろいろと文句をつけるという噂があった。
国境を越える時の個人旅行者ほど、弱い立場の者はいないよ。
書類上に不備があろうがなかろうが、例えすべての書類がきれいに揃っていても、そんなことは意味がない。
どの国でも、入国許可をする権限は入国審査をする職員個人の判断が最終なのだ。
何を言われても、何を要求されても、従うしかない。
ということは、入国審査官に逆立ちを命じられたら、旅行者としては逆立ちしなければならない。
AKB48の「ヘビーローテーション」を流されて、踊れと言われたら、踊らなければならないってわけだ。
「いくらなんでもそんなことはないだろう」と思うようでは、海外旅行の素人だとばれるから注意した方がいい。
実際僕は、中米エルサルバドルからホンジュラスへの国境の橋の上で、警備兵から「足を頭の上まで上げて見せろ」と言われたくらいなんだから。
大きな国境(特に首都の空港)では、出入国管理(Immigration)と税関(Customs)と検疫(Quarantine)が別々にあるのが原則だ。
でも、今ではよほどのことがない限り検疫は素通りになる。
そして、小さな陸路国境などでは入国管理と税関は、ほとんど一体化している。
入国審査で怪しいとにらまれたり、嫌われたら、当然のこととして、税関での荷物のチェックは厳しくなるだろう。
これは、冗談の話ではなくて、実際にそういうことはよくある。
入国管理官とトラブルを起こしても意味がない。
入国を拒否されたら、大変なんだから。
どんなに書類がそろっていても、入国審査の人から嫌われたら、入国拒否される。
よく、「書類は全部そろっていて、お金もあるのに、入国拒否されたのはおかしい」という文句を言う人がいる。
でも、入国審査では、入国管理官がダメだと思えば、入国を拒否できるもの。
中国を出国したあと、ベトナムで入国拒否されて、中国へ戻るビザがないとしたら、中国とベトナムの橋の上で一生を過ごさなければならない。
こんなことが起きたら、記録映画にでも残る有名人になってしまうだろうね。
少なくとも日本のテレビ局は、「世界びっくり人間」なんかの番組で、インタビューに来ることに、間違いない!
実際、パリの空港で入国出来ず、空港で生活している人もいるとか。
米国へ入国できずに、JFKに住み着いている人の話は映画にもなったよね。
トム・ハンクス主演の「ターミナル/ The Terminal(2004)」は、本国でクーデターが起こって、米国へ入国できず、帰国も出来ず、JFKで住み続ける人の話です。
ということは、中国とベトナムの国境の間の橋の上で生活していても、不思議ではない。
それに日本国は、政治家の知り合いのいない、ただの個人旅行者には冷たいからなー(涙)。
僕としても、この歳になっても、イッパツ有名にはなりたい色気は十分に持っているよ。
でも、そんなマヌケな話で名前を売りたくはないよなー(涙)。
とにかく、国境を越える朝は十二分な準備をしておきたい。
絶対にトイレに何度も通って、体調を確認して、さらに念のために、正露丸を三粒飲む。
正露丸というのは、実際に効果があるかどうかは別にして、海外個人旅行者の精神安定剤といえるかもしれない。
そして、サイフのお金をチェックする。
中国元を細かく数えると123元残っている。
読者は覚えているだろうか、僕が新鑑真号で上海に着いた時、中国銀行の出張所で4万円を、大胆に一気にズバリと元に両替したことを。
そのあと両替の話が全く出てこなかった理由はだね、その4万円をずるずると使い続けていたからなんだよ。
その残りが、123元だ。
実は僕が河口でちょっと値段の張る東方賓館へ泊まった理由は、元を中国で使い切ってしまうつもりだったからなんだ。
中国を出国する時に、何かの手数料(出国税で)お金を取られるとは聞いたことがないが、その可能性は否定できない。
その時には当然、中国元が必要だ。
123元あれば、日本円で1500円以上あるのだから、たとえ出国税があったとしても、普通は何とか払えるだろう。
もちろん、小額のドル紙幣も十分に用意してある。
ベトナムへ入る時に、いくらか要求される可能性もある。
きっちりと支払えるように用意しておかないと、お釣りをくれなかったり、お釣りを両替率の悪いドンでくれることもあるよ。
それ自体は、たいした損にはならないだろうが。
ただ、そういう可能性があるのをわかっていながら、準備をしておかないというのは、少なくともまずい。
ベトナムへ入ったら、もちろんベトナムの通貨、ベトナムドンへ両替しなければならない。
国境で両替する場合は、もちろんドルの現金が世界中で絶対的に最も通用する。
さらに国境での両替が、両替率がいいのか悪いのか、それが判断できるまで、両替は小額に留めておいたほうが安全だ。
両替も、ラオカイで50ドル程度やっておけば、宿泊費、交通費があっても、ハノイまでは何とかなるはずさ。
これで、今日一日に関しては、どんなことがあってもやっていけるだけの用意ができた。
ホテルの部屋を出たのは、午前8時30分だ。
その理由はもちろん、(前日に調べておいた)国境の出入国管理事務所が開くのが午前8時だったから。
オープンが午前8時だとすると、昆明から夜行バスで河口へ来た旅行者諸君でゲートが混んでいるだろう。
8時半を過ぎて9時近くになれば、朝の混雑が一息ついて、国境をすんなりと通れるはずと思ったのだ。

【中国の出入国管理事務所/HEKOU ENTRY AND EXIT INSPECTION CENTRE P.R.C.】
中国側の巨大な白亜の出入国管理事務所(HEKOU ENTRY AND EXIT INSPECTION CENTRE P.R.C.)のあるビルへ、トントンと階段を上がって入る。
出国ゲート手前のテーブルに出国カードが置いてあるので、それをあっさりと記入する。
出国カードを、パスポートの中国のビザシールが貼ってある場所に挟み込む。
僕は何の不安もなく、完璧な自信を持って、ゲートへ進んだ。
すると突然、警備員らしい中国人男性が、僕の肩をつかんで、ぐいっと後ろへ引っ張る。
なぜだ!
僕はすべての準備をしているから、国境はスムーズに通れるはずなのに…。
ねー、国境越えでは、いろんなことがおきるんだよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD