『新鑑真号と燕京号を比較し、中国人妻との出会いから、日本人と日本文化を考える』
新鑑真号の受付から階段で上がったスペースに、ちょっとしたテーブルと椅子があった。
僕はそこに座って、窓の外の出港風景を眺めている。
前回、神戸から天津行きの燕京号に乗ったときは、初めて船で中国に向かい、それからシルクロードを通ってアジアを横断する長い旅への出発だった。
その感動があったので、デッキに出て、出港風景を飽きずに眺めていたものだ。
今回はどうなるかわからないが、最短のコースだと、上海へ船で行って、バンドをあるいて、それだけで帰ってくる。
気分が乗れば、陸路でバンコクまでは行く。
もっとノリノリに身体が旅になじめば、さらにバンコクからインドまで行くつもり。
そのためのインドビザもちゃんと手配してある。
今回の旅は、一応、船に乗って上海へ行くこと自体が旅の目的。
なので、船が岸壁を離れることにそれほどの感動はない。
この新鑑真号と、前回天津まで乗った燕京号を比較すると、共に1万トンを越えている。
船室の配置を見ても、ほとんど同じといって、言い過ぎではない。
二等洋室の部屋のベッドの数などは違うけれど、ま全体的な印象って言うんでしょうか、それなんだけどさ。
ただ、新鑑真には図書室がないのがちょっと欠点だ。
ロビーにあるテーブルも少ないので、旅人同士の出会いもないと思われる。
部屋にはベッドしかないし、これは昼間の居場所がないよ、困ったなー、と小さく舌打ちをする。
このときは気付かなかったが、新鑑真では、食堂テーブルを開放しているので、十分なスペースがあったんだけどね。
一応、最初の印象を書いておきます。
海外旅行とはいっても、すべてがすべて楽しく面白いことばかりではなく、うんざりしたり、ガッカリしたりすることが多い。
日常生活と違うのは、それがただ目の前を次々と通り過ぎていくから、気にならないってことかな。
日本の日常生活では悪いことが起きれば、それがそこに留まって、だんだん積み重なっていく。
海外旅行では、その場限りで過ぎ去ってしまう。
結局、苦しいこと悪いことも、海外旅行では通り過ぎていく。
過ぎ去ってしまったものは、最終的には「いい想い出」になる。
と思いながら、船内の自動販売機で、缶ビールを購入して、飲みはじめる。
国際フェリーの中では、税金の関係だろう、日本のビールが日本国内より安く売られている。
これはいいよねー。
というふうに、ほんの小さなことに喜びを見出すと、とても幸せになれる。
小さな幸せに酔っていると、「すみません、いいですかー」と、声をかけられる。
子どもを抱いた30ちょっとすぎの女性で、僕のテーブルの向かい側に座る許可を得たい。
もちろん「どーぞ、どーぞ」と答える。
旅に出るとだれかれかまわず話をしても変ではないので、「上海への旅行ですか?」と、声をかける。
すると彼女は中国人で、日本の男性と結婚している。
子どもを連れての中国への里帰りだそうだ。
「中国も最近は発展して、上海なんかは、日本以上の大都会だそうですね」と言う。
この話は2002年だから、いまだと当たり前のことなんだろうけどね。
でも、彼女が言うには、彼女の実家は豊かではないそうだ。
「日本では布団は買い換えるけれど、中国では一つの布団を一生使います」とのこと。
「日本人の夫はまじめな人で、夜遅くまで働いて、働いてばかりいます」と、悲しそうな顔をする。
うーん、日本人は、夜遅くまで働くのが常識だからね。
それに比べて、中国でも東南アジアでも、金銭的には貧しいかもしれないが、結構気楽な生活だ。
自分の生活を中心においているので、気分的には楽だろうね。
僕が前回訪れた四川省の省都、成都を歩いていたら、中国人のお姉さんたちが道端で麻雀をやっていたのにぶつかった。
そういえば、スペインではお年寄りたちが、公園の木の陰で、ドミノをやっていたのを見たっけ。

【道端で麻雀をする中国女性】
日本には金はあるが、庶民の幸せな生活はない。
お金があっても、その使い道がわからないので、酒を飲んで、仕事の話をして、ゴルフをしてしまう。
日本という国は、幸せのないところだね。
幸せになる方法を忘れてしまっているんだ。
日本人が幸せでないのは、結局、日本人が、日本とはどういう国か、日本人はどうあるのが幸せなのか、を考えないこと。
ただひたすらお金を稼ぐことに狂奔してきたからだ。
そしてせっかくバブルが崩壊したのに、まだ、お金を稼ぐにはどうしたらいいかをみんなで考えている。
バブルのときに、「お金があっても、お金を使う思想がなければ、意味がない」とわかったはずなのに…。
そして、時々考えた振りはするが、本当は自分で全く考えないという性質、これがまた日本人そのものなんだよ。
でも、日本人が何も考えなくても、日本社会を見れば、日本人の本質は誰にでも簡単に理解できる。
日本社会を見るよりももっと簡単なのは、海外旅行をしている日本人旅行者を見ることだね。
そして、新鑑真号には、日本人旅行者がたくさん乗ってました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD