『菊屋で朝食をとって、麗江へいく日本人旅行者と話をし、大理にしばらくいるかどうか考える』@大理/雲南省

【一緒になった日本人の若者に写真を撮ってもらった】
2002年7月31日の朝になった。
昨日は、バックパックを背負って、小雨の振る麗江を歩いたりしたので、かなり疲れていた。
麗江から戻ってきて、菊屋へ行って、若者を見つけて、ビールを飲みながら、ワイワイやった。、
身体も頭もちょうどよく疲れて、紅山茶賓館の快適な部屋で、清潔なベッドでぐっすり寝た。
だから今朝は、元気一杯だ。
特に何をするという予定もないので、ホテルの部屋で、ベッドに横たわって、本を読んだりしていた。
すると、午前8時半ごろにドアがノックされた。
これは、僕が今日チェックアウトすることになっていて、その知らせのためだ。
昨日チェックインするときに、明日(つまり今日)からは団体の予約が入っている、と言われてたから。
でも、フロントへ降りて交渉すると、何とか今日までは部屋が取れた。
しかし、明日は満室なので、チェックアウトをしなければならない、と宣告される。
今日の宿は決めたので、今日一日ゆっくり考える時間はある。
まずは、菊屋へ行って朝食をとる。
朝食は、肉野菜炒め(10元)、野菜炒め(5元)、ご飯2杯(1元×2)、それから青島ビール(8元)。
体調がいいのか、朝食が異常に進んだ。
でも僕はだいたい、朝食と昼食を一緒にしているので、食べ過ぎというほどではないんだ。
昨日この店で話をしていた、留学生がいた。
これから麗江へ行くということだ。
話しかけて、僕が朝食を取ってるところを写真に撮ってもらう(上の写真)。
彼は麗江へ行くバスに乗るため、菊屋を出て行った。
大理には、日本人旅行者も多い。
話し相手には困らない。
僕はこの大理という町が、とても気に入っている。
四角く城壁に囲まれた大理古城そのものが、落ち着いていて、居心地がいいこと。
大理の町には、外国人向けの洒落た店があるし。
菊屋に限らず、バックパッカー向けの適当なレストランがあって、昼からビールを飲んでも違和感がない。
気候も、暑くもなく寒くもなく、過ごしやすいこと(ま、夏は雨季なので、ちょっと雨が多いがそれも、苦にならない)。
護国路には、古本屋もあり、英語のペーパーバックも置いてある。
菊屋の日本語ライブラリーの文庫本を卒業して、日がな一日、通りに面したオープンカフェでゆっくりと英語の探偵小説でも読んでいたら、それも成立する。
それに、大理周辺にはまだまだ見るものがたくさんあるようだ。
大理そのものがジ(シ耳)海という大きな湖の湖畔に作られた町で、この湖を船で遊覧して対岸の町を訪ねる定番のツアーがある。
また、湖から大理古城をはさんで蒼山という山がそびえていて、そこへはロープウェイで簡単に上ることができるらしい。
さらに、バスから見たんだが、今までに見たことのない種類の、どうやらお寺の塔のようなものが立っていたのも気になるよね。
近隣には、ほんのちょっと動けば、もっと少数民族の色彩の強い村や、バザールなどもあって、観光資源が豊富だ。
居心地のよさの究極は、ペー族の人たちが漢民族とは違って、穏やかでまじめな感じがするってことじゃないかな。
レストランに入っても、店に入っても、決して押し付けがましくなく、人当たりが誠実で柔らかい。
昔話に出てくる日本の故郷のような、そんな懐かしい雰囲気があるんだ。
気候はいい、人はいい、食事はおいしい、宿は安く、風景も素晴らしい。
ここに旅行者が長期滞在するのも、まあナットクだ。
僕の今回の旅行では、大阪から2泊3日の船で上海へ到着した。
上海にたった1泊しただけで、すぐに2泊3日の列車に乗って、雲南省昆明にやってきた。
昆明でも1泊しただけで、そのあと連日移動して、大理、麗江と一応名前の通った町を訪れている。
すると、ここで大理が気に入って、このままある程度滞在しても、それはそれで筋の通った話にはなる。
旅というのは、メリハリが付いていないと面白くない。
常に移動しているばかりでも、疲れてしまう。
そこで、海外旅行者というものは、高速旅行を続けて疲れたとき、ある町にしばらく落ち着く。
身体や精神を休めて、それからまた、リフレッシュして、新しい旅に出て、さらに移動を続ける。
これが本格的な長期海外旅行の構造なわけだ。
本格的な海外旅行としては、このまましばらく大理にいるというのも成立する。
もちろん、とっとと旅立ってベトナムへ向かうのも同じく成立する。
ただ、ベトナムは落ち着いたところではないのを知っている。
昆明も、大都会で、落ち着かない。
正直、しばらく大理にいたいのだが、問題は、大理に居残るとして、居心地のいいホテルが見つかるかが問題かな。
うーん。
悩むよなー。
明日出発しようか、それとも、もうしばらく大理にいようか。
まあ、明日にならなければ、明日のことはわからないよ(笑)。
まずは、暑中見舞いでも書きましょう。
郵便局の場所は知っているし、その近くの店で、洒落た絵葉書を売っているのもわかってるからね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD