「HAI YEN HOTEL」の表のビーチに本屋(BOOKEXCHANGEを見つけて、本を読んで過ごす。@ニャチャン/ベトナム

「HAI YEN HOTEL」@ニャチャンのビーチ沿い
2002年8月12日、ベトナム南部のニャチャンビーチの「HAI YEN HOTEL」に泊まっている。
午前7時、宿泊代17ドルに含まれている朝食を取りに、別棟の食堂へ歩く。
食べ放題のビュッフェで、中華風(ベトナム風)、西洋風の食べ物がずらりと、内容には大満足。
日本人の現地駐在員がいたが、海外工事をやっている建設会社の社員らしい。
世の中は広いようで狭い。
下手すると、僕が勤めていた会社に関係しているかもしれないので、そこははっきりさせないことにする。
朝食後、ホテルから道路をはさんだビーチへ歩く。
8月だと東南アジアは雨季だが、それほど雨が降り続くわけではない。
ビーチに人が出ているところから見ても、ニャチャンは十分に泳げるようだ。
ただ、白い砂浜に、椰子の木がずらりと並んでいるという、典型的なビーチ風景ではない。
ビーチに人が出ていても、泳いでいる人はほとんどいない。
砂浜にあるレストランやカフェで、過ごしているようだ。
鶏を開いて網焼きにしているものがあったが、いかにもおいしそうだったので、ついうっかり注文してしまう。
しかし、日本風においしくはなく、味がいい加減(まずかった)でした(涙)。

海もそれほどきれいではなく、ビーチの食事もおいしくない。
しかし、ニャチャンのビーチには、他で見かけたことのないものが存在した。
それが、ビーチに本の屋台があったこと。
名前を「T-VAN'S THE ORIGINAL BOOK EXCHANGE」という古本屋さんだ。
英語の本がほとんどだが、日本語の本もあった。
いまは亡き、名エッセイスト、消しゴム版画の「ナンシー関」の本が何冊かあった。

本屋のシステムは、一冊3万ドンで買うと、それを持ってくれば半額の1万5千ドンで買い戻すという。
売った値段の半分で買い戻すというのは、とても良心的。
単純にそれを確かめたくて、ナンシー関の「地獄で仏」を買って、部屋に戻り、ベッドで横になって、一気に読了。
すぐに持ってくると、確かに、半額の1万5千ドンで買い戻してくれた。
ノートを見ると、「酒鬼薔薇聖斗」関連の本、を持っていって、交換交渉をしたようだ。
それで、また、「海軍おもしろ話〈戦中篇〉 (徳間文庫) 」と、文庫本を買った。
このときは、1ドル支払った。
まあ、ビーチの本屋で、気軽に読める日本語の本があって、ホテルの部屋でごろごろしながら読めるのは最高だね。
午後になって一瞬、日差しが強くなったので、日焼け止めのローションを買った(資生堂5万ドン)。
だがすぐに、曇ってきた。
明日のバスを調べると、午前8時半出発で、サイゴンまで8時間かかるとか。
とはいっても、所要時間については、目安として聞いておくだけで、信じたりはしない。
ニャチャンの町を海岸沿いに歩いてみたが、特に変わったところでもない。
北へ歩いたところの海岸沿いに、「YASAKA SAIGON HOTEL」 というホテルがあった。
日の丸の旗を揚げていたので、日系のホテルなのでしょう。
人が少なかったので、その近くの海岸で、形だけでも海に浸かって、軽く泳いだ。
さらに、ホテルに戻って、ホテルのプール券をもらって、プールで泳いだ。
ホテルの客はもちろん無料だが、宿泊客以外も15000ベトナムドン払うと、プールを使えるそうだ。
今日は全体的に薄曇の天気で、プールで泳いでいたのは、僕の他は黒人と白人のカップル一組だけでした。
ビーチに本屋があるのはいいが、別に長居するようなところでもない。
ホテルで50ドルの現金を、ベトナムドンに両替した(レートは、1ドルが15000ドンちょっと)。
サイゴンへのバスの切符を買う。
料金が、10万ドン(7ドル弱=千円)。
明朝、ホテルへピックアップに来るとのこと。
ニャチャンは、季節的に合わなかったのかもしれない(が、ホテルのプールではダイビングの教習もしてたけど)。
さあ明日は、サイゴン(ホーチミンシティ)だ。
 

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD [beach]