『日本人宿のビンジュオンホテルには、マンガを読みふける日本人の若者がたくさんいた』@フエ/ベトナム

【ビンジュオンホテルのマネージャー「ショウさん」と(2002)】
2002年8月9日、午前10時16分。
予定よりも3分遅れで、ハノイ発のE1列車はフエの鉄道駅に到着した。

駅前でバイタクに乗り、日本人がたくさんいるという噂の「ビンジュオンホテル」へ行く。
着いた所には日本人が誰もいなかった。

それを追求すると、このホテルは「ビンジュオンU」だった。
「ビンジュオン」はまた別にあるそうだ。

しかし、ビンジュオンと全く関係ないところでもないよう。
ただ単にビンジュオンに日本人が集まりすぎるので、別に作ったゲストハウスという雰囲気でした。

ビンジュオンに詳しい人に聞けば、どういう理由かわかると思います。
僕はただ、ビンジュオンに行きさえすればいいので、そこは深く追求しません。

ビンジュオンUのおねえさんが、ビンジュオンへ電話をかけた。
しばらくすると、ベトナム人男性が、バイクに乗ってやってくる。

「ビンジュオン」を確認して、彼のバイクに乗っていく。
今度は無事、ビンジュオンへ到着したみたいです(笑)♪

ビンジュオンホテル(BINH DUONG HOTEL)というのが、2002年の段階では、フエの日本人宿として有名だった。
僕はいつも、旅先で人に聞いてその情報を元に旅をする。

旅先で情報を手に入れて、自分で判断して旅をするのが、本当の海外個人旅行者だ。
いまの日本人は、旅に出る前から情報をかき集めているが、そんな情報、現地に行ったら違ってるに決まってる。

旅行の本質は、その場その場で、いろんな人と交流をしながら、自分の進む道を決めていくってことなんだよ。
ビンジュオンホテルの話も、日本を出るときには全く知らなかった。
ハノイの安宿街を歩いていた日本人旅行者から、話を聞いただけなんだから。
この話をしてくれた日本人旅行者は、サイゴンからフエを経由してやってきたばかりだったしね。

バイクの後ろに乗って(もちろん無料だ)、「ビンジュオン」へ行く。
ビンジュオンに入ったところにソファがあって、ここには、日本人の若者がウジャウジャと固まっていた。

何をするでもなく、ただ、マンガ本を読んでいるようだ。
これから向かうカンボジアのシェムリアップでも、こういう若者を見ることになる。

ただマンガ本を読みながら、日本人宿のロビーにたむろしている。
「こいつら、何をやりたいんだろう??」と考えるが、それは後の楽しみに取っておけばいい。

バイクに乗せて、ビンジュオンへつれてきてくれたのが、ビンジュオンのマネージャー、ショウさんだった(上の写真参照)。
彼は、日本語もペラペラで、なかなか格好いい、頭のよさそうな男性だった。
彼に連れられて部屋をチェックする。
515号室が、部屋もきれいで、シャワートイレ、NHKの国際放送も入るテレビが付いて、東芝のエアコン付きで15ドル。
何で東芝のエアコンと書くのかというと、ホテルのマネージャーが、「この部屋は、テレビもエアコンも日本製です!」と誇らしげに言ったからだ。
特に、エアコンは東芝!と自慢していた。
衛星放送では、もちろんNHKの国際放送だけではなくて、BBCもCNNも見られる。
しばらくテレビも見ていないので、これは落ち着くにはいいね。
小さなベランダも付いていて、まあまあいいんじゃないでしょうか。
でも、言い値の15ドルを、さらに1ドル値切って、14ドルにする。
515号室とはいっても、この部屋は2階の端っこにあったと思う。
ベッドはダブルベッドだ。
バックパックを置いて、軽くシャワーを浴びて、気分が落ち着いた。
やはり、どんなに快適とはいっても、夜行寝台列車で一晩過ごしたあとは、疲れるものだ。
海外個人旅行というのは、移動して、新しい町に無事に到着するとこ。
新しい町でいろいろ迷ったりしながら、ある程度満足できる宿に落ち着くこと。
この繰り返しなんだね。
その日のねぐらを見つけて、バックパックを降ろす。
ここが一番ホッとするところなんだよ。
ハノイで噂を聞いていた「ビンジュオンホテル(Binh Duong Hotel)」に、間違いなく落ち着いたわけだし。
ところで僕が、ベトナムの古都フエに来た理由は、もちろんフエの王宮を見ること。
ベトナム戦争のテト攻勢(1968)で、フエはベトコンが襲撃して、大変な被害があった。
テト攻勢を題材にしたのが、スタンリー・キューブリックの「フルメタルジャケット」だ。
いま思い出したが、僕はこの映画を、1988年にケニアのナイロビで見たんだよ。
ベトナム反戦運動は、その時代のテーマだったのだから、はっきり覚えている。
戦場となった、フエの王宮へは行かなければならない。
フエでは王宮さえ見れば、僕にとっては他はどうでもいい。
というか、他になにがあるか知らないし。
あと気になるのが、フェにのビンジュオンホテルに集まっている日本人旅行者諸君。
海外で日本人旅行者を観察するのも、なかなか興味深いものだ。
「2002年の大阪から上海への船旅、それに続く陸路でのバンコクへの旅」を僕は、以前、『説教旅』と名前をつけていた。
これまでも、新鑑真号の中や、雲南省大理の食堂菊屋、また日本人旅行者に会うたびに、説教をしてきた。
でも、いわゆる「日本人宿」というものに泊まるのは、初めてだ。
だから、どんな人間に出会うのか、説教する相手がいるのか、ちょっと興味があった。
ロビーへ降りていくと、面白そうな人間がみつからなかった。
見た感じ、宿泊客の年齢が異常に若い。
高校生か、まだ未成年という雰囲気だ。
目が死んでいて、全員に知性が全く感じられない。
5人くらい日本人の若者がいたが、彼らは、特に何か会話をしているわけでもなかった。
黙々と、日本のマンガを読みふけっている。
「わざわざベトナムまで来て、日本のマンガを読むことはないだろう」と考えるのが普通の人。
彼らは彼らなりに、なにか意味があるのだろうとは思うけどね。
このあとに行った、シェムリアップの「チェンラゲストハウス」でも、ロビーでマンガを読みふけっている若者がいた。
この日本人の集団に混じって、完全に場違いにも、黒人が1人いた。
この黒人は、もちろん日本語はしゃべれないが、片言の英語で日本の女の子と会話していた。
僕は、この黒人はアフリカ人、おそらくナイジェリア人ではないかと、考える。
実は僕が、1994年に東南アジア旅行をしたとき、最初の数日一緒だった女の子が、一人旅でプーケットへ行った。
彼女はその旅で知り合った、ナイジェリア人と付き合い始めたし。
ロビーにいる日本男性というのは、互いに話もせず、日本のマンガを読みふけっている。
なぜ20歳前(としか見えない)の若者がたくさんいるのか、みんなもともと知り合いなのか、聞きたかったが、聞ける雰囲気もない。
「ビンジャン」のマネージャーはなかなかの色男で、日本語も上手だった。
彼は、「Hoang ngoc Tru'ong S'om(ホアン・ノッ・トルン・ショウ)」と言い、「ショウさん」という呼び名だった。
日本人宿泊客には、話をして面白そうな人間がいない。
いまは真昼間だ。
昼間から、観光にも出ずに、日本人宿のロビーでごろごろしている若者に、面白いやつがいるはずがない。
まともな人間ならば、観光に行ってるだろうからね。
そう考えると、僕も、これから観光に行けるわけだ。
まだお昼前なのだから、たっぷりと時間はあるしね。
とにかく、「ビンジュオンホテル」の位置を地図で確かめて、僕は町へと歩き出しました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD