『硬臥上舗/中国列車の硬臥、その上段ベッドでの過ごし方』@K79/上海〜昆明/中国
待合室からプラットホームに降りると、そこには長い長い列車が、どっしりと重々しく停車していた。
謎の「加1車」は、あるとすれば一番端っこではないだろうか?
と類推した僕は、バックパックを背負って、小走りに、プラットホームの端へとずんずんすすむ。
ホームの端にいくと、他とまったく変わらない列車があって客車への昇り口のところに「加1」と書いた札がさしてあった。
普通の客車だった。
「なーんだ」と言わずに、この情報の素晴らしさを考えて欲しい。
日本人というものは、正直、気が小さく、臆病な民族だ。
海外旅行に出るといえば、心配ばかりしている。
ホテルが満室ではないだろうか、列車の切符は取れるだろうか、レストランを調べていかないと飢え死にするのではないか。
そんなに心配ばかりするなら、いっそのこと海外旅行なんかに出ない方が精神的にいいだろう、と思うほどだ。
心配性の日本人は、列車の切符を取るために、高い手数料を払ってわざわざ日本から予約したりする。
ところが日本から切符を手配して、その切符に「加1車」とあった場合、心配するよね。
どんな列車なんだろうと考えて考えて、悩んで悩んで、病気になってしうかも。
結局、旅そのものに出かけられない可能性だってあるわけだ。
ところが、僕の証言によって、日本で初めて、「加1車」は普通のちゃんとした客車だとわかった。
つまり、これはすごい情報なんだよ。
僕の旅行記は、思想的に深いというだけではない。
さらに、実際に情報たっぷりで(まあ、隠している情報はもっとすごいんだけどね)本当に役に立つってことが、これで証明されたんだよね。
僕はヨーロッパ風の低いプラットホームから、客車に乗り込み、自分のベッドを捜す。
僕のベッドは「20号上舗」となっていて、上段のベッドだ。
ここで書いておくが、中国の寝台車は、昔の日本の国鉄の「B寝台」みたいに、昼間は座席で、夜になると寝台になるなんて、そんな生易しいものじゃないよ。
中国の寝台車は、最初から最後まで、昼間も夜も寝台車のままなんだ。
ということはだね、下段のスペースは大きく取ってある。
だって、昼間に下段に座ったときに、頭が中段のベッドにの底にぶつかっては困るからね。
それはそれでいいだろう。
しかしそのしわ寄せは、どこかに行かざるを得ず、中段と上段のベッドの間のスペースが犠牲になる。
さらには、上段のベッドと天井のスペースは、限りなくゼロに近くなるってわけだよ。
僕が寝ることになる上段のベッドと天井の間隔は非常に狭い。
寝た状態で腰から起き上がろうとすると、すぐに天井に頭がぶつかる。
足を伸ばして腰を曲げた状態では頭が起き上がらないんだ。
ほとんど寝たきり状態で、身体をひねり、ねじりして動く。
通路側にあるはしごに足をかけて、通路まで降りることになる。
体力のない人なら一度寝たら、起きられないだろうね。
僕は歳の割には一応トレーニングなどをしているので、まだ少し体力が残っている。
しかし、ある程度の年齢になれば、上段のベッドに寝るのは止めた方がいいだろう。
寝たきりになって、到着駅で引っ張り降ろされるまで、動けない可能性もあるからね。
また、もちろん、上段のベッドに落下防止ベルトなどという気の利いたものはなかった。
寝相の悪い人の中にはベッドから落っこちる人もいるだろうしね。
この中国の硬臥について、以前のガイドブックなどでは激しい論争が繰り広げられたことがある。
旅行経験の長い人たちの中には、この論争を記憶している人もいるかもしれない。
下段のベッドはスペースも広く、荷物をベッドの下に収納できるばかりか、窓側の小さなテーブルを占有状態に出来るので居心地がいい。
もちろん、はしごでベッドに登る必要もない。
ただ昔は、「昼間は上段や中段の人が下段のベッドに遠慮なく座っていて、下段では自分が寝たいときに横になれない」という問題点を指摘する人もいたようだ。
しかし最近は、中国の人もそんなにあつかましくないようで、下段のベッドにどかんと座り込んで動かない、ということは見かけられなかった。
通路側の窓のところには、とても小さなテーブルと、それをはさんで折りたたみ式の椅子が壁に作り付けになっている。
中段上段の乗客はそれを使うのだが、当然、数が少ないので、昼間は居場所がないってこともあるわけだよね。
だから、僕としては、やはり下段のベッドを取るのがいいと思う。
ただ、1人で旅行するときは、荷物の管理も面倒だし、どうしても他の人と顔をあわせるので、人間関係が面倒かもしれない。
上段のベッドで寝ていれば、誰にも邪魔されず、自分の世界に閉じこもることも出来るので、それもいいだろう。
下から手を伸ばしてもベッドの奥に届かないので、荷物の管理もいくらか安全だろうしね。
僕が1999年にアジアを横断したとき、北京西駅から成都まで、やはり二泊三日の旅に出た。
このときは、美人女子大生の外見純子さんといっしょで、二人とも敢えて中段のベッドを指定して取った。
2人で行ったのは、トイレに行ったり席を離れたりするときに、荷物を見てもらえると思ったから。
また、列車の中でいろいろな話ができて、女子大生さんとぐっと親密になる可能性もあった。
親しくなれば、成都のホテルでは同じ部屋に泊まれるかも(うふっ♪)というキモチもないわけではなかったんだよ。
ただ中段だったので座ってゆっくり話をする状況がまったく出来ず、互いを深く知り合うことが出来なかったのは、今でも残念だね。
2人で旅行するなら、やはり下段がいいと僕は絶対にオススメしておきます。
3人ならば、上中下段を一並び取れば、昼は下段でみんなでゆったりと座って話も出来るし、とても快適でしょう。
僕のバックパックは、通路の上にある金属製のラックの上に置いた。
デイバッグを上段のベッドの枕の横に置く。
脱いだスニーカーは、バックパックを開けて、その中へ収納して鍵をかける。
車内ではサンダルを使うことにする。
ところがこのサンダルも、脱いだまま下段のベッドの下に置いていたら、誰かに蹴り出されて、一度行方不明になってしまった。
やっと見つけてからは、日本のスーパーマーケットの大きな袋の中にいれて、ベッドに持ち込むことにした。
上段のベッドから通路に降りるときは、まずビニール袋からサンダルを取り出して、からだをくねくねとさせて通路側に移動する。
はしごを降りながら、適当なところでサンダルを投げ落とし、そのサンダルの上に足を乗せるという、まあ、上海雑技団のような芸が必要とされたわけだよ。
ところで、中国や発展途上国の列車に外国人が1人で乗るときには、先進国ではほとんど問題にならない面倒なことがある。
それがわかるかな。
実は、前回、女子大生の外見さんを襲ったのがその大変な問題だった。
それで、僕が外見さんを利用してしまったので、外見さんが、僕に対してちょっと嫌いになったんだと思うんだけどさ。
この問題は、非常に奥が深く、海外旅行の本質に関わる問題なので、次回にじっくりと論じてみたいと思います。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD