『ベトナム・ラオカイを前にして、中越国境の町・河口に早く着きすぎたが、東方賓館に泊まると決める』@河口/雲南省/中国

【河口からラオカイへの国境の橋】
開遠をバスで出て、夕方ごろに河口へ到着すると覚悟していたら、なんと午後2時という真昼間に着いてしまった。
僕の計算では、河口到着を午後4時半と考えていた。
遅れを見込んで、午後の6時くらいを覚悟していた。
それからホテルを探して、ちょっと河口をうろついて、一泊して、翌日の朝一番で国境を越えるつもり。
ところが、今はまだ午後の2時だよ。
これは困った…。
なぜ中国とベトナムの国境の町河口に、午後2時に到着して困っているか、わかるだろうか。
困っている理由はね、午後の2時というのは、やろうと思えば、まだ何でもできる(はずの)時間だから。
今からこのまま、すぐに国境を越えれば、するりんこと、ベトナムに行けてしまうんだ。
ベトナム側のラオカイから、鉄道に乗れば、とっととベトナムの首都ハノイへも行ってしまえることだろう。
でも僕はハノイへ直行なんてことはしないけどね。
というのは、日本を出る前に、なぜかラオカイから一時間程度山に入ったサパという避暑地、また山岳民族のいる村、が大人気だという情報がいやに入ってきていたからだ。
このサパという町は、欧米人の間ではかなり知られているらしく、ハノイからツアーで、わざわざ観光に来るような特別な場所らしい。
正直僕は山岳民族には全く興味がないので、ハノイからなら、わざわざ時間とお金をかけてまで見に行くキモチなんかない。
が、ラオカイからサパへ、簡単に行けるなら、あえて避けることもない。
せっかくラオカイへ国境を越えるのだから、当然、サパへ行くことになる。
午後2時を過ぎて、国境を越えてラオカイへ入るのはいい。
でも、サパへ行く交通機関が簡単に見つかるか、それはまた別の話なんだ。
アフリカでも、アジアでも、中南米でも、交通手段が発達していない地域では、地元の人も観光客も、移動するのは早朝ということになっている。
この場合の交通機関とは、乗り合いバス、乗り合いタクシー、なんかの乗り合いモノだけどね。
こういうところには、昼過ぎてのんびりと動き出すような人間はいない。
また、一人が動こうとしても、一緒に行く人がいないので、バスも乗り合いタクシーも動かないもの。
今から国境を越えても、おそらく他に旅行者もいないだろう。
また観光客目当ての交通機関も、まず見つからない。
もちろん、安全を考えなければならない。
新しい町、新しい国に入る時は何が起きるかわからないのだから。
他の旅行者と一緒にいたほうが絶対に安全なんだ。
僕は、普通の旅行者が考えないやりかたで、わざわざ開遠で一泊して、バスに乗って河口へ来てしまった。
一般的には、河口へは、昆明から夜行バスで朝着くか、昼のバスで夕方に到着して、共に早朝に、国境を越えることになると思う。
朝ならば、他の旅行者も多いし、交通機関も簡単に見つかる。
今の時間では無理だと考えるのが、安全だ。
何とか交通手段が見つかっても、国境を越えるのも、サパへ行くのも一人ぽっちになる。
一人ぽっちの個人旅行者が、初めての国境を越えて、初めての町へ入る…これは、とても危険だからね。
今日は国境を越えずに、河口へ泊まることにしよう!と考え直す。
というか、最初から河口泊まりだと、決めてたんだけれどね(笑)。
ちょっと早く着きすぎて、迷いが出てきて、それを今の論理で押さえ込んだだけなんだよ。
それに、国境の町ほど旅行者にとって面白い、興味深い、話のネタになるものはない。
海外旅行というものは、自分の慣れ親しんでいるのとは違った言葉の、違った風習の、違った通貨を使っている場所に行くってことなんだからね。
海外で陸路の国境を越えるというのは、海外旅行としては、とても魅力的なことなんだよ。
国境を越えるだけではなくて、その国境の町を観察するのは、とても刺激的だ。
国境を越えるだけならば、バスに乗ったままだって、列車だって、何も考えずに越えることは出来るが、あんまり面白くない。
どうしても、国境の町をあちこち歩いてみなければ、国境の特異性は見つからない。
陸路の国境とはいっても、原野にぽつんと国境が走っていたり、山の中に事務所だけがあったりというのでは、あんまり感動的ではないよね。
例えば、2000年に僕が越えた、タイのノンカーイからメコン川を越えてラオスに入った時。
このときも、タイ側には一応ノンカーイという町があった。
橋を渡ったラオス側には、入国管理事務所だけで、まともな町はなかった。
もちろん陸路国境を個人で越えるという意味では面白い。
だが、国境の町を比較できないという点で、ちょっと面白さが弱いかもしんない。
僕は膨大な数の国境を陸路で越えているので、いろいろ思い出してみる。
案外と、国境を挟んで、二つの町がすぐ近くに存在するというところは、珍しいものなんだ。
イランからトルコへの国境は、山の上にぽつんと国境のポストがあったものだ。
アルジェリアからチュニジアへ砂漠の国境を越えた時は、なんと二つの国のポストの間の砂漠を一時間も歩いたものだ。
中国とベトナムの国境は、中国側の河口、ベトナム側のラオカイという、共に鉄道駅を持つ、適度な大きさの町が国境の川を挟んで目の前に存在している。
こうなると、是非、中国側の町も、ベトナム側の町も、絶対に、うろうろして比較してみたいよね。
町の地理がよくわからないが、マイクロバスから降ろされた大きな通りの横に川が流れているので、そのまま川岸に沿って進む。
すると、すぐに国境へ出てしまった。
なぜわかるかというと、川に大きな橋が架かっていて、そこに中国側には「中国河口」と書いた大きな白いゲートがあるからだ。
そして、川の向こう側には、ベトナムの赤いゲートが立っている。
これは、単純明快だね。
大きな、幅の広い国境の橋の横には、平行して細い鉄道橋がある。
これが、ハノイと昆明を結ぶ国際列車が走る鉄橋のようだ。
この国境にかかる橋を中心にした狭い地域に、いろんな店、スーパーマーケット、レストラン、ホテルなどが集中している。
で、バックパックを背負って歩いていると、「東方賓館」というホテルに、ぶつかってしまった。
今朝出た開遠大酒店の部屋に、このホテルのパンフレットが置いてあったのを思い出す。
ということは、旅行の神様が「東方賓館へ泊まれ」と告げているってことね。
東方賓館も、開遠大酒店と同じ感じのシティホテル。
ただ、バスルームが全体的に紫色で統一されていて、タオルまで全部紫色なのが、なんとなく怪しい感じだ。
フロントではさすが国境の町らしく、英語が通じる。
とにかく、東方賓館にチェックインすることにしました。
まだ日も高いので、バックパックを下ろして、河口を歩き回りましょう。
明日の朝、国境が開いてから、ベトナム入国すればいい。
たぶん、昆明からの夜行バスでやってきた旅行者と一緒に、手続きができるだろう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD