『世界旅行者はついうっかり、1994年の夏にタイ・カンボジア・ベトナムへの旅行に出てしまった』


【これは残念ながら、2002年のアンコールワット】

僕の連続2年8か月に渡る世界一周旅行の話を聞いている人もいるだろう。
僕はオーストラリアからインドネシアのチモール島へ飛んでアジアへ入った。

さらに次々と島伝いにインドネシア、インドネシアから船でシンガポールへ移動した。
シンガポールをバスで出て、マラッカへ。

続いて、バスと鉄道の陸路でマレー半島を縦断し、バンコクまでたどり着いた。
その時に、僕がどう感じたか、どこかに書いていたはずだ。

アジアは、とくにかく人が多過ぎるね。
僕はとにかく、人が多いのは、好きじゃないんだよ。

その東南アジアに、1994年の夏に行くことになったのは、いつものとおりに神の導き(=成り行き)だった。
それは「世界旅行者協会」の会員、Y嬢の旅行計画を聞いた時から始まった。

Y嬢は、いままでに、行く先々でその土地の人とすぐに友達になってしまうという特技を持っていた。
まあ、若くて純情な女の子なのだから、人から嫌われるはずはないが、ちょっとひとなつっこすぎるかもしれない。

とはいっても、しかし、基本的にはツアーでしか旅行したことがない。
今回はプーケットで友達になった人たちと再会するためもあって、ついでに2か月程タイを中心に、たった一人で旅行するというのだ。

そうすると、おせっかいな僕はつい「チッチッチ(と、舌を鳴らす)、Yさん、そんな甘いもんじゃないんだよ」と説教してしまう。
バンコクという所は大変な所で、空港から宿へたどり着くのが大仕事なんだ。

「地理も不案内で宿も知らないのなら、最初から問題だよね」と、アドバイスしてしまった。
「え〜、本当ですか?でも何とかなります、わたし!」が彼女の答だ。

それは甘い、危ない、と僕は感じた。
つい「僕に暇があれば、一緒に行って、アドバイスしてあげてもいいんだけれどね」と口が滑ってしまったのだ。

「ワーイ、嬉しいな、本当に行くんですか?西本さん」と、Y嬢は喜んでしまった。
さて、僕は「いままでに一度も嘘をついたことがない」と堂々と自称するほどの正直者だ。

いくら東南アジアが嫌いでも、Y嬢を喜ばせて、あとで「実はちょっと忙しくなって」などという、ありふれた言い訳はしたくない。
8月23日の彼女の出発に合わせて、彼女の乗るパキスタン航空PK671便に予約をいれてみた。

もちろん、夏休みでちょっと高かった切符が急に安くなる8月下旬の、しかも一番安いと評判のパキスタン航空だ。
8月になっているのに、直前に予約が入るとは考えられない。

格安航空券では大手の旅行代理店に電話をしてみた。
「8月23日のパキスタン航空、バンコク行きは無理でしょ?」

「ちょっと待って下さいね。え〜、大丈夫です!料金は4万8千円。いますぐ予約をいれますか?」が、思いがけない答だ。
おっとっと、でも、帰りの予約をいれなければ安い切符は無意味だ。

「今度は時間がないんで、9月3日には帰ってこないと困るんだよ」と、更に押してみる。
「いまはウエイティングになりますが、現地でOKが取れると思います」と、予期したとおりの旅行代理店の話だ。

帰りの予約が入らない切符は、意味がない。
戻って来れないんだから(笑)。

「9月3日に予約が取れたら切符を買うけれど、取れなければだめということでよろしくね」と電話を切る。
変にうやむやに予約をしてしまうと、もうこの時期になればキャンセル料が発生してしまうのだ。

それに、学生が世界中からどっと帰り出す8月の終わりや9月の初めに、いまどきバンコクから東京の予約が入るはずがない。
電話が鳴って、いつものとおりに居留守モードで聞くと、「9月3日の予約が取れましたのですぐ連絡をください」と旅行代理店からの連絡だ。

あわてて受話器を取って「本当に取れちゃったの?」と確認する。
本当に8月23日出発、9月3日帰国のパキスタン航空の予約がすべてOKになったらしい。

これではもうどうしようもない。
行きたくなくても、行かなければならないだろう。

ただ、往復の切符はあるが、どういう旅をするか、どこへ行くのか、全く考えてなかったんだよ。
それがこんなとんでもない旅行になるとは…。

それでは僕の、1994年の夏の終わりの、たった10日間の東南アジア旅行をお楽しみください。
1994年のシェムリアップの話もありますよ♪

注:このパキスタン航空のルートはもう存在しません。

アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア/ アジア / world

index 駆け足旅行記

xxx