『プノンペン空港でビザを取り、入国手続きをすませ、タクシーに乗って「キャピタルホテル」へ(1994)』

注:このタクシーの料金、ビザの入手法などは、1994年の話ですから、あくまでも参考に留めてください。


【Capitol Hotelの外観(2005)】

乗客の後について、平屋建ての建物に入ると、入ったばっかりの通路の右側にカウンターがあった。
カウンター前は雑然としていて、人がごちゃごちゃ集まってパスポートを渡している。

ここで20ドルのキャッシュを払って、パスポートに1か月のビザをもらう。
日本では写真も必要と聞いていたが、実際は必要なかった。

と言っても、写真が必要との情報を完全に信じていたわけではないので、問題はない。
必要でも必要なくても、僕には関係ない。

旅行者というものは、もともとパスポート用の写真の20枚や30枚は常に用意しているものだからね。
僕が現在持っているのは、マレーシア領ボルネオ、サラワク州のミリで中国人経営の写真屋でジャケットとネクタイを借りて撮ってもらったものだ。

慌てて撮ったので、ネクタイが曲がっているのが愛敬。
でも、ビザ取得用の写真は、出来が良くても悪くても、それほど気にすることはない。

パスポートの写真とは違って、長く使うものではなくて、申請書に貼るだけだから。
ビザをもらって、入国管理をすませ、税関に書類を出しただけで荷物を開けずに通過する。

通過したとたんに、タクシーの客引きに20人ぐらいに、どっと取り囲まれた。
普通は通関して入った部屋には、両替をするための銀行と旅行案内所があるものだが、プノンペンの空港には存在しない。

ただ、目の前にカウンターがあって、そこに女の子が一人いて、そのカウンターには「町までタクシーで10ドル」と書いた札が立ててある。
しかし、タクシーの客引きが6ドルだ、5ドルだと取り囲んでうるさい。

両替所がなくてタクシーがドル払いなのは、多分ドルで全部通用するのだろう。
「タクシーの相場を知ってるー?」と、情報を握っていそうなバンダナ君に叫ぶ。

「3ドルと聞いてますが」
3ドルといっても、相場が上がっているのかもしれない。

僕はカウンターの女の子に、「タクシーは本当に10ドルするの」と聞いた。
すると、小さな声で、恥ずかしそうに、「5ドルでいいです」との返事だ。

ハッキリ君が「西本さん、こっちは4ドルですよ」と、客引きと一緒にこっちに向かって言う。
3ドルの相場が4ドルになったのだろう、物価は常に上がり続けるものだ、3人で割れば大したことはない。

そこで「キャピトルホテルまで、4ドルだね」と確かめながら、タクシーへ歩き出した。
3人でタクシーに乗り込もうとした時、後ろから追いかけてきた運転手が「3ドル!」と言って、バンダナ君の荷物をひったくるように持っていく。

僕が「3ドルに変更!」と宣言して、バンダナ君の方へ動こうとする。
と、最初の運転手が今度声をかけてきた運転手と言い争いを始めた。

僕が3ドルの方へ進み、乗り込もうとすると、初めの運転手も「3ドル!」と言って、また荷物を持っていく。
3ドルでいいじゃないか。

3人で分けやすいもの。
義理もあるのでもともと乗るつもりだったタクシーに乗り込むと、すぐに通りへ出た。

「すごい客引きでしたね!」と、ハッキリ君が感激する。
彼はこういう経験は初めてらしい。

「やはり3ドルでしたね!」と、バンダナ君は満足気だ。
彼は自分の集めた情報が正確だったので嬉しいのだ。

「道ががらがらだよ!」と、僕は喜んでしまう。
バンコクの交通渋滞にうんざりしていたので、車がすいすい走るとそれだけで別の国に来たことを実感できるのだ。

運転手は「いいホテルがあるけれどどうだ」と、ホテルの客引きを始めた。
「クーラーもバスルームもついて20ドルだよ」との話だ。

それはそれとしてきちんと聞いておく。
今度の僕の旅行は期間が短いので、わざわざ安いホテルに泊まってもしかたない。

飛行機代を何万円も払って、ビザ代を何千円も払って、ほんの数日しか滞在しない。
そんなに何万円も使って旅に出ているのに、わざわざホテル代を何百円に抑える意味はないよ。

できるなら、クーラー・シャワー・ベランダ・プール付きのいいホテルに安く泊まって、気楽にやりたいものだ。
でもとにかく、旅行者がみんな行くという「キャピタルホテル」を見てみなければね。

多くの人が行くところにはそれなりの理由があるわけで、変に拒否するのもおかしな話だ。
僕は評判の宿には一応顔を出すのだ。

タクシーは20分程走っただろうか、急ににぎやかな通りへ出た。
自転車とバイクでいっぱいだ。

しかも、交差点に信号機がない。
その中をタクシーは疾走し、町の中心部らしい雰囲気の場所へ入っていった。

通りには結構きれいなホテルも見えるし、旅行代理店も、レストランもある。
これなら、ここで降りても何とかなる、とほっとするが、タクシーは中心部を過ぎて、更にどんどん進む。

変に中心から遠いと困るな、と少し心配になって、「キャピタルホテル!」と確認する。
運転手は「OK、OK」と言う。

車は大通りから右に曲がって、未舗装の裏道へと突入した。
大通りは一応舗装してあったが、裏通りのここは水溜まりとでこぼこの土が盛り上がっていて、車はゆ〜っくり、ゆ〜っくりと進む。

道の両側は普通の民家らしく、子供たちが飛び跳ねている。
さらにちょっと走って更に右におれ、タクシーが停車する。

しかし、これはただの薄汚い裏通りじゃないか。
僕は「キャピタルホテル」というからには、ホテルらしい建物を想像していた。

何にもそれらしいものはない。
間違えたのかもしれない、それとも、だまされたのか。

ひょっとして「キャピタルホテル」の客を、騙して横取りする別のホテルがあるのかもしれない。
とにかく海外旅行先では、考えられないような、ばかばかしいことが起きるものなんだよ。

僕はいろんなとんでもない経験をしているので、降りようとする2人を押し止めた。
「僕が確かめる!」と言う。

2人をタクシーに残したまま、運転手に教えられた狭い階段を上る。
階段の突き当たりに、小部屋があり、受付らしいテーブルに中国人が座っていた。

「これがキャピトルホテルか?」と聞く。
「そうだ」との答。

「僕の友達が泊まってるはずなんだけれど」

さて、読者は今までに僕の友達がキャピトルホテルに宿泊しているなどという話を聞いたことがないと思う。
僕もそんな話は聞いたことがない。

それではなぜ、「世界旅行者」は、急にこんな話を始めたのだろう。
それには深〜い理由があるが、それはまた次回の楽しみにしておきますね。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD