『雨季のプノンペンで、国立博物館、王宮、シルバーパゴダで雨に降り込められて、ずぶ濡れになってキャピタルホテルへ戻る』

【ドーム屋根が特徴のフランス風セントラルマーケット@プノンペン(2005)】
シェムリアップでまるまる1日アンコール遺跡群を車で見て回った。
翌朝、シェムリアップ空港を発ち、プノンペンへ。

プノンペンの旅行代理店で、ベトナムのトランジットビザと「プノンペン→サイゴン(ホーチミンシティ)→バンコク」の切符を受け取る。
サイゴンへ飛ぶのは翌朝だから、キャピタルホテルにチェックインしたあとの時間は、プノンペン観光にあてることにした。
自転車を借りて、町へ飛び出す。
まずとにかく、セントラルマーケットへ行くことにした。
前回来たときは、セントラルマーケットは閉まってたからね。
セントラルマーケットの中がどうなっているのか、見てみたいキモチもあった。
それと、カンボジアのお土産として何か手ごろなものがあれば、欲しかったからだ。
セントラルマーケットの中は、売るものによって、お店が集まっている。
ちょっと驚いたのが、ルビーの装飾品を売る店が、たくさん集まっていたこと。
そういえば、昔、ツアーでパタヤへ行った時、バンコクで宝石屋へ寄った時も、ルビーが売ってあった。
ツアー仲間の上品な奥さんが、娘さんのためにルビーの指輪を買ってたっけ。
そのときの話では、日本では指輪の台はプラチナが多いが、東南アジアでは金なので、日本人向きではないとのことだった。
ただ、ルビーを買っても、プレゼントする相手もいないことだし、お金もかかるので止めた。
セントラルマーケットで、アンコールワットの大きな絵葉書が一枚1500リエル(この時期、1ドルは2500リエル)だった。
またプノンペンの地図と、カンボジア全図を一枚それぞれ2ドルで買った。
僕のお土産というのは、絵葉書と、町の地図くらいなもので、安いんだよね。
特に1996年の2回目の世界一周旅行以前は、僕は海外旅行の写真を撮らないことにしていた。
だから、絵葉書は特に重要なアイテムだったんだ。
海外からは自分自身や家族、友人に絵葉書を送っていた。
それとは別に、旅行記念のお土産として、写真代わりに絵葉書を買ってた。

セントラルマーケットの次に、王宮の南のビクトリーモニュメント/勝利記念塔(1958年の独立の記念碑)へ行った。
ここでぼんやり休んでいると、ベトナム人の親子が話しかけてくる。

もちろん、ベトナム語なので何をいっているかわからない。
相手にするのも疲れるので、とっとと勝利記念塔を離れる。

次に、予定していた国立博物館へ行ってみた。
入場料が2ドル。

中を見ると、リンガ(男の性器/チンコ)の石像があったよ。
男性ならば誰でもするように、「チンコがもっと大きく、もっと硬くなりますように♪」と祈る。

ヒンズー教の神ガネーシャもあった。
いろんな仏像があったので、片っ端から祈った。

僕は物事を深く考えない底の浅い人間なので、その像がどういう宗教のものかなど考えない。
でも、とにかく、片っ端から祈る。

世界旅行者としての僕は、いままで、世界中の教会、寺院、モスク、神殿、遺跡で祈ってきた。
だから逆に、祈り残した場合、神様が「他のやつは全部祈っておいて、何でオレだけのけ者にするんだ(怒)」と難癖付けられても困るからね。

祈るのはゆっくりと出来た。
というのは、国立博物館には、なにしろ僕しかいなかったから(笑)。

一つ気が付いたことは、国立博物館で売ってある絵葉書はちょっと高いってこと。
中央郵便局で3000リエル、アンコール遺跡群で1ドルで売ってあった絵葉書が、ここでは2ドル。

とんでもないボッタクリ値段だったよ。
ちょっと休んでいたら、博物館に、旅行についてわかったようなことを言う日本人カップルが入ってきた。

1994年だと、プノンペンにいること自体でも、一応旅行自慢ができた。
だから、バンコクからプノンペンに飛んで来ただけで、自分を「旅のベテラン」と思い違いする素人さんもいたんだね(涙)。

でも僕は、この日本男は潰さなかった。
彼が連れていたの日本女性が、それほど可愛くなかったから。

変に男を潰すと、「女連れにやきもちを焼いている」と思われる。
それがイヤだったからだ。
旅先だと、合わない人間に会ったときは、単にスルーしてしまえばいいだけ。
それが、現実の日常生活と旅が、根本的に違うところなんだよ。
だから、いくら旅をしても、人格が立派になることはない。
旅行者とは、何にも深く考えない、ホントに適当な人間のことなんだから。

旅慣れてしまうと、表面的な人間関係はなんとかやれても、深い関係は作れなくなる。
旅をすればするほど、現実生活から浮き上がるわけだね。

博物館には昼休みがあって、それが午前10時半から午後2時半と書いてあった。
いくら仕事をしないのがモットーの公務員でも、昼間に4時間も休むとは、ひどいよ。

国立博物館から追い出されるものと覚悟していたら、実は休みなしにずーっとオープンしていた。
僕がだらだら国立博物館にいたのは、実は、王宮のオープン時間が午後2時半だと考えていたからだ。

まず国立博物館に行って、午後2時半に王宮へ行こうと考えていた。
博物館を出ようとしたときに、突然土砂降りの雨になった。

インドシナ半島の夏は、原則的には雨季(6月から10月)にすっぽりとはいっている。
だからといって、一日中雨が続くわけでもない。

実際僕がこのあと2002年の夏に、中国、ベトナム、カンボジア、タイと陸路で移動した時も、ほとんど雨にはあわなかった。
ただ、シェムリアップにいたときに雨が降ったことがある。

もし旅行期間が短くて、アンコール遺跡群を見るのが1日か2日しかないという状況だと、確かに雨にぶつかったら大変だろうね。
でもそれはそれで趣があると思えば、感動的ではないかな。

遺跡というものと旅行者の出会いの仕方は、それぞれ違うものだから。
また、違うからこそ意味があるんだ。

1994年8月28日は、朝の時間は晴れていた。
午後2時ごろになって僕が国立博物館を出ようとしたとき、突然、風呂桶の底を抜いたような大雨になる。

これは、とてもとても外を歩けるような状況ではない。
国立博物館の建物を巡るテラスに座り込んで、雨をじーっと見ていた。

このとき、結構キモチよかった。
1人静かに、雨の臭いをかぎ、雨の音をきき、雨を見て、雨を感じていたのだから。

雨がちょっと小降りになったのを見計らって、すぐ近くの王宮へと移動した。
自転車は切符売り場のところへ置いた。

王宮とその南にあるシルバーパゴダが、それぞれ入場料2ドル。
まとめると割引になって3ドルだった。

王の玉座や寝室を見る。
またシルバーパゴダへ入ったところで、また大雨が降りだした。

雨が小降りになるまで待って、思い切って外へ飛び出す。
1994年だと、プノンペンの道路の排水設備が機能していなかったせいか、道はほとんど冠水していた。

自転車で泥水の中に突っ込んだり、ちょっと深い水の中を自転車を押したりする。
やっとキャピタルホテルへ戻ると、全身ずぶ濡れになっていた。

自転車を返却して、部屋でジーンズやTシャツを洗う。
シャワーを浴びて、足をきれいに洗い、気になる部分には抗生物質入りの傷薬の軟膏を塗った。

さっぱりして、キャピタルレストランへ降りて、情報ノートに3ページばかり書いた。
エビチリをつまみにビールを3本飲んで、仕上げに、僕のお気に入りの「Beef Yellow Noodle」を食べる。

部屋にビールを1本持ち込んで、日記を付けながらさらに飲む。
こういう風に酔っ払うと、変に夜中に目が覚めてしまうものだ。

午前2時に起き出して、トイレに行って、また寝た。
すでに、8月29日だ。

今日は、ベトナムのサイゴンへと飛ぶ日です。
ベトナム反戦運動の時代に大学生活を送った(といっても重量挙げをしていただけだが)世界旅行者先生としては、ちょっと緊張する日かもしれないね。

【旅行哲学】雨季に旅するなら、雨を楽しむことが必要だ。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD