キャピタルレストランで日本人旅行者を論じる/中山美穂がプノンペンにいるという情報がはいる


[Angkor Wat in the Rainy Season(August/2002)]

その声に、僕は「ほほー、ここにはなかなかまともな旅行者がいたか」と一瞬思った。
日本人旅行者というのは特に東南アジアでは、旅行初心者の学生や若者が多い。

日本人の若者というのは、新しい経験をしようとは考えず、何も考えず、ただ同じレベルの若者同士で同じ話をまわしているだけだ。
僕のような年齢の高い、それでいて知的な感じの紳士にはなかなか向こうから声をかけてこない。

日本人の若者は、新しいものに対する恐怖を抱いているわけだね。
彼らは、だんだんと海外旅行にも出なくなっている。

海外旅行ほど、思いがけない、予想できない、新しい状況、新しい人に出合うものはないのだから(笑)。
日本の若者は、インターネットで調べまくって、新しいことが起きないようにして、旅に出ている。

ナイロビで一緒だった40歳過ぎのベテラン旅行者が言っていた。
「昔は旅行情報は同じ旅行者からしか手に入らなかったので、旅人が出会えばいろいろと話したものだ」と。

「近頃はガイドブック通りに旅行してわかったような話をするのがいるから、オレとは話が合わないんだ」とね。
このベテラン旅行者の話には一理あることはある。

しかし彼が若者とつきあえないのは、単純に言うと話がおもしろくないのが原因だと思った。
旅行経験は確かに豊富だったが、その自分の経験を、もう一歩客観視出来ない人だったかも。

僕ぐらいになると、話を合わせようと思いさえすれば、女子高生とも話ができる。
発展途上国に赴任した、非エリートの日本大使館員と世界情勢について語れる。

社会人旅行者とは日本社会のくだらなさについて語れる。
お年寄りの旅行者とは葬式代の高騰や、あの世について話せる。

僕はどんな人と出会っても、相手に合わせた話題を持ち出せる。
これができなければ、僕がやったようにすべての国境をすんなりと越えることはできないわけだ。

イギリスの入国ではイギリス流の英語を使って知性と信頼性をアピールする。
中米の陸路国境越えでは空手もできてスペイン語でシモネタジョークをとばせる中国人を演じなければならない。

僕はおもしろそうな旅行者を見つけたら、自分から声をかけて親しくなることにしている。
僕に向こうから声をかけてくるのは、僕をおもしろそうな旅行者だと見抜けるまともな旅行者のはずだ。

どんな旅行者が声をかけてきたのかと期待して、うしろを振り向く。
すると、な〜んだ、ハッキリ君だ。

でも考えてみれば、ハッキリ君とは今日の昼ドンムアン空港で出会っただけ。
まだ半日もつき合っていない。

話す材料はたくさんあるし、ちょっと話をすることにする。
「さっきバンダナ君に会ったよ。帰りのリコンファームやってたんだって」と、僕は共通の話題を出す。

「あいつはまだ時間があるのに、なんでベトナムに行かないのかな?」
僕は別にバンダナ君がベトナムに行かないことを、どうこう考えているわけではない。

そんなことは彼の勝手だ。
しかし、ここまで来てベトナムに行かないようではもったいないと思っているので、つい口に出してしまう。

「バンダナ君とは僕も会いました。夜遊びに行ってるんじゃないかな」と、ハッキリ君。
「バンコクでプノンペンの往復切符を買ってるので、それでベトナムに行かないんじゃないですか?」とハッキリ君は付け加える。

バンダナ君は、とにかく情報を集めるのは上手だが、プノンペンへ来たばかりですぐに夜遊びに出れるものだろうか。
もちろん、彼はジュライで、プノンペンの情報はたくさん入手していたとは思うけれど。

「確かに、バンダナ君は情報を集めるのは上手だね。社会人になってもなんとか課長くらいまでは出世するタイプかな」と、僕は論評する。
ハッキリくんは、「このレストランにある『情報ノート』に、夜遊び情報がたくさん書いてありますよ」と教えてくれる。

日本人の若者で、プノンペンへ、旅行ではなくて、夜の遊びをしに来ている連中も多いとか。
バンダナ君はバンコクでもジュライホテルに泊まって、ジュライの連中と付き合ってたから、夜遊びの方に興味があるのかもね。

人の生き方はそれぞれ違うから、それはそれでいいさ。
若いうちから東南アジアに夜遊びに来るようでは、人生は半分終わってると思うが。

僕はあんまり好きではないので、この手の話は止めにしたい。
話題を変えようと、キャピタルレストランのテーブルについて、ビールを飲んでいる日本人を指差した。

「あそこにいる4人組の日本人をどう判断する?人間観察をしてみようよ」と、僕が言う。
ハッキリ君はまだ僕のすごさを知らない。

「西本さん、本当ですか?それじゃ、あの4人はどういうふうな関係なんですか?」と僕に質問をする。
僕は思っていたことと、思っていなかったことも含めて、面白おかしく分析をした。

「多分彼らは、個人でインド旅行かなんかにやってきた旅行初心者」
「カルカッタかなんかの日本人の集まるところで一緒になったんだろう」

「そのあとは、ずるずると一緒に、インド旅行してたタイプ」
「しょせん一人じゃ旅行できない、典型的な日本人の弱虫だ」

と断言した。

「そうですか〜?」とハッキリ君は言う。
すっと立ちあがり、ずいずいっとその4人組の方へ行き、話しかけた。

おやおや、なかなかやるじゃないか。
知らない人間にすっと声をかけられるというのは、普通の日本人ではない。

ハッキリ君は4人組と5分ほど話をして戻ってきた。
「西本さんはすごいですね!言うとおりでした」だって。

「みんな一人でインドに旅行して、宿で知り合って、それからずっと4人一緒に旅行しているそうです」と情報を伝えた。
僕の観察眼もすごいが、実は日本人旅行者はパターン化されているので、この程度の分析は、案外簡単なことなんだよ。

ハッキリ君はなかなかおもしろいやつだね。
はっきりものを言うだけではなくて、はっきりと行動もする。

日本人としては珍しいタイプだ。
これならもう少しつきあっても面白いかもしんない。

「ところでその情報ノートってどこにあるの?」
すると、ハッキリ君はレストランのキャッシャー横の釘に掛けてあるノートを持ってきた。

ほー、ここにもあったか。
僕はそう思った。

日本人というものは、おかしな人種だ。
世界中のあちこちに日本人だけが泊まる宿を作る。

ばかりか、そこには必ず日本人が旅に出た感想を書くノートが準備されている。
そしてそのノートの中には、ありふれた、誰でも書ける、あくびの出そうな、自己満足の、面白くも何ともないことが書いてある。

正直、僕は世界中で日本人の「情報ノート」を読んできたので、開く前から書いてあることがわかるよ。
さてこのノートをぱらぱらとめくると、予期したとおりのことが書いてあった。

まず誰でもが書く、「日本をこんなに遠く離れて、私は(僕は)人生を考えています」タイプの、安易な即席人生論ね。
日本人は生き方もワンパターンだが、人生論もパターンが決まっているのが哀しい(笑)。

人生をまじめに考えているのなら、バンコクから飛行機でたった一時間のところに来たくらいで、簡単に感動してはいけない。
旅行に使う、その金を郵便局の定額貯金にして、貯めた金で老後に備えた方が、いいんじゃないかな。

次にあるのが、「僕はみんなと違って、こんなに安いものを買いました」という、自慢話ね。
「レストランの表のレンタル自転車は一日1ドル(2500リエル)だが、横の自転車屋だと一日2000リエルだ。僕は安く借りた」とあった。

これは情報を与えているのではないよ。
単に「どうだい、僕は君たちより賢いんだぜ」と言いたいだけの自慢話なんだ。

それをよく読むと、「2時間値切って」とある。
わずか500リエル、日本円で20円を値切るために2時間も貴重な旅先の時間を使ったんだね。

2時間を使って、20円値切ったのか…。
それで満足しているのでは、本当は賢くないのではないだろうか?

ちらっとそういう疑問が脳裏をかすめた。
が、こういう疑問を追求していては長期旅行はできないのですぐに止めた。

それを言うならば、もともと旅行に出ること自体が、無駄で意味のないことだからだ。
だから本格的な長期旅行者は、生き方、人生論は語らない。

本気で語ると、「そう言ってる、あなたの人生はどうなんですか!」と、突っ込まれる。
これには、反論の仕様がないからね(涙)。

確かにこういうノートを見るのはおもしろい。
書き込んだ旅行者の学歴・職歴・家庭の事情・将来の人生・旅行のタイプなどの解説付きで、ハッキリ君に読み方を伝授してしまった。

その時、「ミポリン(中山美穂)を見て来ましたよ、西本さん」と声がした。
見ると、バンダナ君だ。

確かバンダナ君は夜遊びに、外へ出ていたはずだ。
すると中山美穂が、日本から映画の撮影かなんかで来ているのだろうか?

しかしよく話を聞くと、この中山美穂とはキャピタルホテルの近くの屋台にいる女の子のことだとか。
屋台にいる女の子が中山美穂そっくりなので、日本人旅行者の間だけで盛り上がっているそうだ。

この時代、プノンペンにいた旅行者連中の間では、この中山美穂の話は定番だった。
旅行者の間では、「中山美穂」というキーワードで仲間意識を盛り上げていた。

僕はもう1本タイガービールの缶を買って部屋に戻り、日記を付けながら飲んだ。
考えてみればこの旅行に出てまだ3日目の夜だ。

昨日までの2日間はY嬢と一緒だった。
Y嬢と別れて、ドンムアン空港で、ハッキリくん、バンダナ君と出会った。

プノンペンへ着いてバタバタと動いたが、やっと今、一人だけの夜を持てた。
自分を振り返れる一人だけの夜を持つことが、人の生きる目的かも知れない。 

僕はここにいる、確かに僕はここにいる。
そして明日は何が起きるかわからない。

僕はこの浮遊感覚に酔っている。
決してビールのせいではない。

僕は旅の中にいることに酔っている。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD