『ブータン航空機材のカンプチア航空機に乗って、バンコクからプノンペンへ1時間で到着』


【カオサン通りの夕方/屋台の準備中(2005)】

バンダナ君によると、僕たちの乗るカンプチア航空の飛行機は、「カンボジアのものではなくて、どこからか借りている」らしい。
搭乗手続きがあってバスに乗り込んで、いったいどんなとんでもない飛行機なんだろう、ぼろぼろの輸送機ではないか、などと期待する。

つい最近までは(この話は1994年であることに注意してね)カンボジアはPKO問題で話題になっていたのだから、やはり輸送機で入る方がもっともらしい。
ドンムアン空港のバスに乗って、タイ航空やエールフランスの747など、きれいな大型機の間をすり抜け、どんどんと隅っこに進む。

ちょっとやせた神経質そうな白人旅行者もどういう飛行機に乗ることになるのか心配らしい。
彼が、「あれだ!」と指差した先には、錆ついてパンクをした輸送機がある。

いくらなんでもあれではないだろう。
パンクを直すのに時間がかかるもの。

僕は世界一周旅行中にセスナにも、10人乗り程度の小型機にも乗ったことがある。
どうせなら今度もプロペラ機がいいなー、と思う。

プロペラ機なら不時着しても助かる確率が高いだろうからね。
前方に双発の中型プロペラ機が見える。

あれだ!と喜んだら、その後ろを通り過ぎて止まった前には、ジェットエンジンが4つもついたまともな飛行機があった。
僕はバスからとっとと降りて、真っ先に乗り込む。

その理由は、実は、荷物置きのスペースを確保するためだ。
僕のバックパックは中途半端な大きさで、747などならば荷物入れのコンパートメントに悠々と入る。

だが、ちょっと小さな飛行機になるとうまく入らない。
できるだけ早く飛行機に乗り込んで、荷物を入れる場所を取らなければならないとの強迫観念があるのだ。

しかし、問題はなかった。
このBRITISH AEROSPACE 146 は、エコノミークラスに1列に片側3席の6席で15列、ビジネスクラスが1列4席で3列の約100人が乗れる。

今日は、乗客は30人程度で、がらがらだった。
チェックインカウンターで一緒だったせいで、バンダナ君ハッキリ君と僕は、11−D、E、Fと、ひとまとめの席になっていた。

で、もちろんFが窓側の席だ。
チェックインしたのは3人の中で一番後だったせいだろう、僕の席は11−D。

つまり、通路側だ。
女の子と一緒だって窓側の席を取りたい僕だから、飛び立つとすぐに、前方にある窓側の空いた席へ移動した。

飛行機に乗ったことのある人には常識の話だが、席が指定してあっても、機内で空いた席に移動するのは自由だ。
特に、夜行便で席が空いていれば、横になって寝る場所を確保するために、どっと席取りの移動が始まる。

747などでヨーロッパやアメリカ行く時は、横になれるかどうかは大問題なので、これは覚悟して心の準備をしておいたほうがいいよ。
機内案内のパンフレットにはDRUK-AIRとあったので、これはバンダナ君の情報通りDRUK-AIRという会社からの借り物なのだろう。

ただ、あとで「DRUK-AIR」というのは「The Royal Bhutan Airlines」だと、わかった。
2005年にバンコクからインドへ飛ぶときに調べたら、ブータン航空が一番安くて、その時に再びこの名前を目にしたんだ。

1994年のこのとき、カンプチア航空はブータン航空から機材を借りて運航していたのかもしれない。
たった1時間のフライトなので、サービスはスナック程度と思っていたが、一応ジュースとコーヒー付きのまともなランチが出たよ♪

ランチを食べ終わるころに、着陸のアナウンスがあって、飛行機はプノンペン空港へ降下をはじめる。
見下ろすと、小さく区切られた田畑に高床式の家屋がぽつんぽつんと見える。

カンボジアは戦場だったところだ。
あのポルポトの残虐な殺戮が行われたところだ。

そう思うと、田んぼのあちこちに見える水たまりが、爆撃のあとに見える。
飛行機を降りて、学生旅行者バンダナ君とハッキリ君に「爆撃のあとが見えたかい?」と聞く。

すると、「何ですか、そんなものありましたか?」との返事だった。
あれは爆弾の跡ではなかったのかもしれないね。

戦争があったと思い込みがあると、ただの水溜りも、爆撃のあとに見えたりするかも。
色眼鏡をかけてはいけないってことだね(ぽりぽり)。

飛行機の窓から薄茶色の大きな2つの川(メコン川とトンレサップ川)が交わるところに、小さな町が見えたと思ったら、すぐに着陸した。
ここがプノンペンらしい。

タラップを下りて、小さなターミナルへと歩く。
機内で配られた出入国カードと関税申告書2枚をハッキリ君が機内に忘れたので、彼が走って機内に戻る。

僕は彼の荷物を持って、待っている。
これはハッキリ君の間違いだ。

旅行に出たら、例えどんなに信用できそうに見える(僕のような)人にも、自分の荷物を預けるようなことをしてはいけない。
また僕も、本当は荷物を預かるようなことをしてはいけない。

その荷物を盗られたら責任を取らなければならない。
荷物の中に入れていたものがなくなったと濡れ衣を着せられることも十分にあるからだ。

もちろん、危ないものが入っていれば、僕が罪をかぶせられる可能性もある。
ただここは入国審査前の空港だし、ハッキリ君の性格も見抜いているので、原則を曲げただけだ。

とにかく、無事にプノンペンへ到着した。
あとは、今夜の宿までたどり着くことだ。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD