『女性は、絶対に、きれいなホテル・豪華な食事・いいサービスを求めている』


【D&D INN@カオサン】

成田空港の待合室で、旅行者に話しかけて、旅先の情報を入手する。
彼は半年ほど前に、バンコクからプノンペンに飛んで、プノンペンでベトナムのツーリストビザを2日で取ったそうだ。

そのあと、プノンペンからホーチミンシティへの国際バスで10時間かけて国境を越えたらしい。
その後、ハノイへ足を伸ばした。

彼自身はベトナムの首都ハノイからバンコクへ飛んだのでラオスに関しての実際の情報は持っていなかった。
しかしラオスに関して彼の知っているところでは:

a)ラオスのビザをハノイで取れる.
b)短期間で取れるトランジットビザだと、ラオスの首都ビエンチャンから川を渡ってタイへの入国は無理だ。

結局「タイ〜(飛行機)〜カンボジア〜(バス)〜ベトナム〜(飛行機)〜ラオス〜(ボート)〜タイ」のルートが可能。
2週間あればぎりぎりビザを現地でとって旅行出来る、という話になった。

しかも、この話だとカンボジア・ベトナム国境を陸路で、ラオス・タイ国境を船で越えられるのだ。
これなら、結構自慢出来る話になるかもしれない。

ただ、僕の感じでは、彼はこんな国境越えの旅行を計画するタイプには見えない。
「きっと、世界中あちこち行かれたんでしょうねぇ」と、誘い水をかけてみる。

「いやあ、実は仕事を辞めましてね、一年ほどで世界一周をしようとバンコクへ行ったら、そこでいろいろ友達が出来て、ずっとバンコクにいたんですよ」が答だった。
バンコクで出会った旅行者がカンボジアに行くというので、ついて行ったら、国境をバスで越えることになってしまったそうだ。

世界一周旅行のポイントは、とにかく旅行の初めの段階で、むやみやたらに動き回ること。
最初のうちに移動する習慣を付けてしまわなければ、とてもとても世界一周などは不可能なのだ。

最初に居心地のいいところを見つけて、落ち着いてしまったら、それで終わりになることになっている。
でも彼がバンコクに長期滞在していたというのなら、現在僕の頭を悩ましている空港から安宿までの行き方について、いいアドバイスをくれるだろう。

「そうですね〜、僕は行きつけの宿があるんで、空港からタクシーで直行しますが、一緒に行きますか?」と誘ってくれた。
彼の定宿は、マレーシアホテル界隈にあるらしい。

僕もマレーシアホテルには、インド旅行のときに、泊まったことがある。
ただ、マレーシアホテル界隈は、現在ちょっと旅行者のメインストリームからは外れているところだ。

もちろん、僕としてはどんな宿でも構わないといえば構わない。
どうせ今夜は夜を過ごすだけで、次の日にはカオサンへ行って、ビザの条件や航空券の値段を調べなければならないのだから。

カオサンロードが現在の安宿旅行者の集まるところで、ここに行けば旅行に必要なものが何でも手に入るのだ。
それには、同行しているY嬢の意見を聞かなければと、彼を誘ってY嬢の座っている席へ行った。

彼は僕のような、ジーンズにTシャツの、金のなさそうなおじさんが、若くて純情そうな女の子と旅行しているのを知って、驚いたようだった。
しかも、二人でホテルの同じ部屋に泊まるということを知って、びっくりした。

Y嬢に紹介して、安ホテルに泊まる話をすると、Y嬢は「私はどんなところでも泊まれますよ〜」と言う。
しかし、女性というものの本質を知らない諸君、こういう女性の言葉をそのまま信じてはだめだよ。

女性というものは、口では何をいっても、絶対に、きれいなホテル・豪華な食事・いいサービスを求めている。
長期旅行を自慢する人の中には、安宿を泊まり歩いたり、汚い屋台で食事をするところを女性に見せて自慢する人もいるとか。

残念ながら、それは間違いだ!
東南アジアの屋台に女の子を連れていったら、「こんな小汚ない屋台に連れてきて、私を何だと思ってるのよ!」と怒られるだけだ。


【カオサン2005年】

彼の話では、現在はバンコクには「TAXI METER」と屋根にマークをつけたタクシーがあるとか。
それだと200バーツ程度で、空港からバンコクの中心街へ行くという。

ならば、それで直接カオサンへ向かってもいいわけだ。
しかし、カオサンに山のようにある安宿のどこへ泊まったらいいか、見当がつかない。

いくら夜中でも開いているというカオサンでも、当てもなくうろうろするのはいやだ。
それに、一度カオサンでホテルを取ってしまったら、わざわざ次の日に宿を移ることはしないだろう。

安宿街では、安くていいところから確実に埋まって行くものなのだ。
Y嬢の持っていたガイドブックによると、「カオサンロードに面した宿は夜中までやかましい」とのこと。

佐藤氏にこれを相談すると、彼自身はカオサンに泊まったことはない。
ただ、ひとすじ裏の通りにある「J&J」というホテルがいいという噂を聞いたことがあるらしい。

いい情報がいろいろと手に入った。
だから、バックパッカーの旅は、飛行機に乗る前の待合室から始まっているわけだよ。

搭乗のアナウンスと同時に、Y嬢と僕は飛行機へと向かった。
早く乗り込まないと、頭上の荷物沖のコンパートメントが他の人に占領されてしまうからだ。

席に着くと、早速レミーマルタンの封を切って、鮭ジャーキーを食べ始める。
でも旅の始めに、いい情報が手に入ったんじゃないかな。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD