『コサメットからバンペー経由でエマカイ、市バスバスでカオサンへ。タクシーを3人乗りして、ドンムアン空港へ』


【カオサンへの入り口(2005)】

1994年9月2日、コサメットの「リトルハット」28号バンガローで目を覚ます。
今日は、バンコクへ着きさえすればいい。
だって、今日の深夜に(明日の早朝に)、ドンムアン空港から日本へ戻るのだから。
考えることは、バンコクでの時間潰しをどうするか程度だ。

特に急ぐこともなく、何かしなければならないこともない。
ただ、コサメットはとっとと出て行かなければならない。

朝ビーチへ出て、誰もいない砂浜で冷たい水に身体を浸す。
誰もいない静かなビーチで、軽く泳ぐというのは、なかなか粋だね。

しかし、前にも書いたように、僕は特に日に焼く気もない。
コサメットに対しての心残りもなく、つまり、これ以上いる意味がない。

泳いだあと、自分の部屋へ戻り、荷物をまとめる。
バックパックを背負って、歩いて20分でサメット島の船着場へ。

午前8時半発の船がちょうど出ようとしていたのを、呼び止めて、乗り込む。
僕のせいで、ボートの出発は8時35分になった。

この船はとても速くて、バンペー到着が午前9時5分。
バンペーの道端で、パイナップルを切ったものを買うと5B。

桟橋を出て、道を聞きながら100メートルほど右へ行くと、ツーリストポリスの看板があった。
バンコク行きのバスのことを聞く。

教えてもらったバスターミナルへ行き、バンコクの東バスターミナル(エマカイ)への「ノンエアコンバス」を見つける。
エアコンがないのはイヤだが、午前10時発で、一番早いからね。

料金は50B(200円)で、なかなか安いじゃないか。
ちょっと時間があるので、五目焼ソバ(20B)を食べて、シンハビール(30B)を飲む。

バスに乗る前に、トイレへ行くとこれが、使用料2Bかかった。
午前10時にバスに乗り込む。

午前10時出発のバスは、乗客が乗り込むのを待って、午前10時12分に動き出す。
しかし、バックして、またバスターミナルへ戻る。

本当に動き出したのは、午前10時半だった。
フランス人の若者が一緒のバスに乗っていた。

彼にバンコクまでのおおよその時間を聞くと、「3時間(トロワザール)!」とのこと。
海外旅行に慣れていると、3時間程度はとっても短い。

バスの中で、このフランス人と英語で世間話をしていた。
が、このバスはとにかく、よく停車する。

乗っている途中で気が付いたが、バスは完全なローカルバスで、ツーリストが乗るようなものじゃない。
結局、バンコクの東ターミナル(エマカイ)到着は4時間半後の、午後2時55分になった。

午前10時の出発予定時刻から考えれば、5時間だよ。
よくトイレに行きたくならなかったものだね。
エアコンがないので、汗だらだら流していた。
だから、オシッコは汗として排出されたのだろう。

東バスターミナル(エマカイ)で、フランス人に「じゃあねっ♪」と別れて、すぐにバス停へ。
午後3時5分に、2番のバスを捕まえる(3.5B)。

2番のバスは、エマカイからスクンビット通りを通って、民主記念塔(カオサン通りへの目印)へいく。
ただ、この話は1994年なので、バンコクには、まだスカイトレインも地下鉄も出来てない。

バンコクの交通渋滞がピークだった時だよ。
でもまあ、僕としてはそんなに慌てることはなかった。

ドンムアン空港へ行く時間の余裕はたっぷりあるしね。
2番バスの中に、日本人を見つけた。
日本人は服装や、全体的な雰囲気、目つきでだいたいわかる。
暇なので、声をかけて、日本人と確認して、隣に座った。

話をすると、彼はこちらで商売をしているのだとか。
僕は「こちらだといろいろ大変でしょうねー」と、誘い水をかける。

すると、「タイ人は日本人の3分の1しか働きませんねー(涙)」とのこと。
民主記念塔に近くなって、完全に動かなくなったので、バスを降りる(午後4時20分)。

それから歩いて、結局カオサンに到着したのが、午後4時45分だった。
つまり、エマカイからカオサンまで、なんと1時間40分かかったわけだ。

カオサンに来たのは、単純に言うと、時間をつぶせる所が他に思いつかなかったから。
それと、8月25日にカオサンを出て、ドンムアン空港へ行った経験があったから。

なんでも一度経験していると、二度目は楽なものなんだよ。
だから、安全を考える時は、とにかく経験のあることをした方がいい。

Y嬢と一緒に食事をした、想い出の「ハローレストラン」で食事を取る。
もうずいぶんたったような気がするが、2人で食事をしたのは、1週間くらい前のことだ。

一週間しかたってないのに、レストランのメニューがイラスト入りに変わっていた。
また、それにあわせて値段も上がっていたよ(涙)。

クロスタービールの大瓶(80B)×2、チキン焼き飯(40B)、イカ飯(30B)で230B。
1994年は1Bが4円と考えたので、千円近い金額だ。

午後6時ごろまでレストランで粘って、通りに出て、59番バスを待つ。
同じくバスを待っているオーストラリア人のカップル(フィリックとモニカ)と話を始める。

僕たちは互いに、ドンムアン空港へ行くということで、協力体制に入っている。
彼らは「20分も59番を待ってるが一つも来ない」と言う。

そこで念のために、さらに5分待った。
しかし、59番は来ない。

これはたまたまその時間に59番が来なかった可能性もある。
が、例えば、その日だけ59番がストライキをやっているかもしれないよ。

とにかく、海外旅行では何が起きるかわからないんだから。
これ以上59番バスを待たない方がいいだろう。

僕とオーストラリア人カップルは、一緒に行動する。
3人で一緒にタクシーを捕まえることにする。

カオサンでタクシーを捕まえると、ドンムアン空港まで180Bだそうだ。
午後6時半に、タクシーに乗って、出発する。

一緒にタクシーに乗ったカップルは、3週間ベトナムで過ごしたとのこと。
オーストラリア人カップルと日本人の会話だから、1993年の「オーストラリアで消えた日本人花嫁事件」について話をする。

また、成田離婚について話をする。
さらにそのころ僕に、テレビ局からの出演依頼があったので、そのことも話したかな。

僕はコサメットのことを語った。
すると、2人はコサムイからさらに先の島のビーチまで行ったとか。

コサムイへ行ったのが、雨季だったのに、次の次の島へ行っても80パーセント埋まっていたとのこと。
コサムイの次の島とはおそらく「パンガン島」、次の次の島とは「タオ島」のことだろう。

つまり、タイは雨季でも混んでるってことか(ただ、コサムイのある地域は夏が乾季だそうです)。
彼らの話では、ハイシーズンだと、ビーチで寝るという。

しかも、人もそれほどフレンドリーではなくて、ガッカリしたとか。
まあ、そうかもしれねいねー。

タイのビーチリゾートは、人気だからね。
それに比べれば、コサメットはバンコクからも近いし、まだマシかな。

午後7時20分、バンコクの交通渋滞でタクシーが全く動かなくなった。
そのあとたらたらと進んで、午後8時にドンムアン空港の国際線ターミナルへ到着。

出発は明日の午前2時、つまり6時間後。
でもチェックインは午前0時だから、4時間後。

4時間くらいならば、本を読んでいればすぐに過ぎてしまう。
それならば、ゆっくりと、空港内で過ごしましょう。

【旅行哲学】終わりよければすべてよし。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD