『パタヤビーチを歩いて、アンザックホテル(ANZAC HOTEL)にチェックインして、ケンタッキーとピザハットとビールを夕食にする』

【これはパタヤビーチではありません/トリニダードトバゴのビーチです(2004)】
ドンムアン空港から大変なトラブルを乗り越えて北バスターミナルへ移動し、午後3時半のバスに乗る。
午後6時半にパタヤ(pattaya)へ到着する。

パタヤは雨で、だんだん暗くなってくる。
マイクロバスでパタヤビーチの海沿いの道を南へ走ると、ケンタッキーフライドチキンが見えた。

それをきっかけに、マイクロバスを降りる。
とにかく、ホテルを見つけなければならない。

道端でバックパックを降ろし、赤いレインコートを羽織る。
このコートは、僕がロサンジェルスのホテル加宝で、旅行相談、人生相談に乗っていったときに、若者からもらったものだ。

僕はアメリカへ英語の勉強をしに来た若者に、「英語を深くわかるためにはスペイン語が大事だ」とアドバイスした。
そして彼をメキシコへ送り込んだんだった。

僕のアドバイスを信じた若者は、すぐにメキシコへ行って、スペイン語を勉強し始めた。
メキシコでホームステイしながら、スペイン語を学んでいた。

すると、メキシコ人のセニョリータにモテモテになって、身体が持たないくらいだったそうだ。
ホームステイの家の娘に迫られた時は、「エッチをしたら結婚させられてしまう…」と、自分を抑えたそうだけどね。

そして、実際、スペイン語を勉強したために、英語の能力もぐんと上昇した。
これは、彼が二度目にホテル加宝へ来た時、マネージャーに話したことなので、間違いない。

僕がアドバイスをしたときに、彼がすごく感動して、僕に彼のレインコートをプレゼントしてくれた。
折りたたみ式で小さくなるので、いざというときのために、いつもバックパックに入れてある。

それが役に立ったというわけだ♪
僕は赤いレインコートをすっぽりかぶって、バックパックを背負った。

そして、パタヤビーチの夜に飛び出していった。
僕はアドレナリンたっぷりの戦闘モードに入っていた。

戦闘モードに入ると、夜であることも、雨が強く振っていることも、ちっとも気にならない。
アドレナリンの血中濃度が増えて、かえって元気が出てくるんだ。

パタヤをずんずんと力強く歩き、明かりのついた安そうなホテルを捜す。
とにかく、目に入ったところへ飛び込むつもり。

明るいホテルを見つけた。
1階が大きく開いたレストランになっていて、「ANZAC HOTEL」と書いてある。

レストランには5人くらいの白人がいる。
ところでは、アンザックとは「オーストラリアニュージーランド連合軍」のことだ。

だとすると、東洋人の僕が入るのはまずいのではないか?
普通だったらそこまで頭が回るが、アドレナリンが出ているとちっとも気にならない。

レストランへ入っていって、スタッフみたいな男性に「部屋はあるか?」とズバリ聞いた。
「すごい雨だ」とか「今日、サイゴンから来た」とか英語で話をする。

思い返すと、やはり興奮していたんだよ。
朝サイゴンにいて、北バスターミナルへ行って、パタヤへ着いたら夜で、しかも豪雨だ。

僕と話をした男性(マイクくん)は、僕の迫力に圧倒されたのだろう。
彼が部屋を見せてくれる。

それが304号室で、ダブルの部屋代は300バーツ。
1994年だと、1バーツは4円と考えられるので、1200円。

これはわるくない。
すぐに部屋を決める。

バックパックを部屋に置いて、レストランへ降りる。
レストランの突き当りには、セーフティーボックス(貴重品入れ)が並んでいる。

「なぜ貴重品入れがレストランの奥にあるの?」と聞く。
すると、「部屋に置いておくより安全だから」という。
確かに、今では、スポーツセンターなんかでも、貴重品入れは受付の前にあるのが普通だしね。
強盗団がやってきて、貴重品入れごと持っていく可能性もあるだろうが。

僕はさっき見た、ケンタッキー、マック、ピザハットが入っている巨大モールへ行った。
そして、ピザハットでピザのスライスを3枚(69バーツ/280円)、ケンタッキーでチキンを3ピース(56バーツ/224円)を買った。

アンザックホテルのバーでシンハビールの缶を3個買う(50バーツ×3/600円)。
304号室に戻って、部屋で食事を取った。

僕の部屋には「ライティングテーブル」があるから、食事をしやすい。
ANZACホテルはさすがイギリス系の白人が多いだけのことがあって、設備がきちんとしている。

ダブルベッドがあり、ベッドランプ、ライティングテーブルともちろん椅子もある。
姿見の鏡もあり、引き出しもある。

荷物を置くための台もある。
バスルームには、ホットシャワーが出るし。

トイレもフラッシュするし、洗面台もちゃんとしている。
鏡には曇りがなく、石鹸もトイレットペーパーもあり、タオルもある。

これがすべてきちっと備わっている。
結構まともなホテルでも、部屋にライティングテーブルと椅子がないことも多い。

また、安宿だと、ベッドランプはないものなんだよ。
つまり、ホテルに対して旅行者が期待するものが、すべてきっちりと揃っている。

それでいて300バーツ(この時期1200円)で、1階にはレストランがあるんだから(笑)。
さすがだよ。

外に出たときに、パタヤの情報誌「What's on Pattaya(Aug 24 1994)」を見つけた。
それを読みながら横になる。

なにか「RAYONG(ラヨーン)」というところの話が多いね。
でも、明日のことは、明日考えればいいさ。

今日は、サイゴン(ベトナム)からドンムアン空港について、パタヤに来ただけでいい。
しかも、居心地のいいホテルの清潔なベッドで眠りにつけるのだから。

【旅行哲学】1994年のパタヤの「アンザックホテル(ANZAC HOTEL)」はステキだった。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD