『カンプチア航空の事務所で、プノンペンからシェムリアップへの往復航空券を購入する』


【世界旅行者@アンコールワット(2002)】

閉まっていてはしかたない。
ベトナム大使館へは明日の朝早く来ることにしよう。

でも、これは僕の予測通りだ。
もしハッキリ君の情報通りに2日でビザが取れるなら、金曜日の明日ビザの申請をして月曜日に受け取ればいいだけだ。

バイクの運ちゃんのアドバイスに従って、アンコールワットへの飛行機の予約を取りに行くことにした。
週末にかけてアンコール遺跡群へ行って、来週はベトナムに入ることに全力を注ぐことにすればいい。

バイクは混み合ったモニボン通りを少し北へ戻り、すぐに右折して裏通りに入ってちょっと走る。
普通の民家のような前庭のある建物の前で止まった。

ここがカンプチア航空の事務所らしい。
バイクを下りて、ハッキリ君と建物に入ると、コの字形のカウンターの中に女の子たちが働いていた。

「こういうところでは予約はいいかげんだから、はっきりと名前を載せないといけないよ。きっと手書きの乗客名簿でね。名前がダブってたりするんだ」と、僕は経験からハッキリ君に説明する。
この経験というのが、1980年代に、南インドのトリバンドラムからスリランカのコロンボへ飛んだときなんだけどね。

「西本さん古いですね。ここにはコンピュータがありますよ!」と、ハッキリ君が大声を出す。
確かにカウンターのところにコンピュータのモニターが置いてあって、女の子がキーボードを忙しくたたいている。

のぞき込むと、ポーカーゲームだ。
コンピュータゲームをしているようだ。

やはり僕の予想した通り、予約はコンピュータではなく、女の子が大きなノートを取り出して、中を調べた。
これが予約名簿だ。

「明日の26日で席があるのは、15:30のフライトだけです」と言う。
一日に4便ほどプノンペンとシェムリアップ間を飛んでいるが、この便は一番最後のフライトだ。

帰りの便は28日の日曜日の昼頃にしたかったが、朝9時のフライトしか空いてないという。
つまり飛行機はアンコール遺跡行きの朝の便と、帰りの午後の便が混んでいるということになる。

うまくこの混んでいるフライトを使って朝早く出て翌日午後に帰れれば、一泊するだけで2日間遺跡を見られることになるね。
でも、ぼくらのフライトも、これはこれでいいだろう。

26日遅く着いて28日朝に帰れば、ゆっくり休んでまるまる1日アンコール遺跡群を見ることができるのだから。
それに動きの取れない土日曜日を使えるのだしね。

僕の世界中の遺跡体験から言っても、見るのに何日もかかるほどの遺跡はない。
インカのマチュピチュも、シリアのパルミラも、ヨルダンのペトラも、マヤのパレンケもウシュマルもチチェンイツアもティカルも、ジャワのボロブドールも、トルコのエフェスも(あー疲れた)だいたい半日で見れる。

29日の月曜日にシェムリアップから帰ると、ベトナム大使館の開いている時間に間に合わないので、動くのが火曜日になってしまう。
僕がバンコクを発つのは来週の金曜日の2日の深夜、3日の早朝2時なのだ。

ぐずぐずしていると、ベトナムへも行けないかもしれない。
やはり日曜日には帰ってこないとまずいだろう。

シェムリアップへの往復切符は90ドルで、ドルキャッシュ払いだった。
とにかくこれで、アンコールワットへの往復はできることになったよ。 

カンプチア航空の事務所を出てバイクのところへ戻ると、運ちゃんが「王宮へ行きませんか?」と聞いてくる。
ハッキリ君が「行きましょう!」と張り切っている。

僕の本当の気持ちは、ホテルへ帰って少し休みたい。
日曜日の午前中にまたプノンペンに帰ってくるのだし、時間はまだいっぱいある。

それに、王宮を見るにしても、博物館を見るにしても、僕は一人で行きたい。
でも、それを言うのなら、もともとこのバイクタクシーにだって乗っていなかっただろう。

ハッキリ君と一緒だったから、バイクに乗ってベトナム大使館へも行ったし、こうして飛行機の予約もできた。
旅行に出るおもしろさというのは、自分と違った考え方の人と出合うことだ。

さしあたりやることもないのだから、一通り町中をバイクで走って土地勘を養っておくのも悪いことではないだろう。
運ちゃんの後ろに僕が乗り、その後にハッキリ君が乗って、3人乗りの50ccバイクはまた発進した。

前方の交差点のロータリーに大きな茶色のモニュメントが見えてきた。
ハッキリ君が「これは何でしょうか?」ぴったり体をくっつけた耳元で僕に言う。

僕は「ストップ、ストップ!」と声をかけて、バイクを止める。
見れるものは何でも見ておかなければね。

運ちゃんは「これはモニュマンダンデパンダンスでおます」と言う。
なるほど、これは「インディペンデンスモニュメント」すなわち「独立記念塔」をフランス語で言ったものだ。

カンボジアという国はもともとラオス、ベトナムと同じくフランスの植民地で、フランス語が通用していた。
ベトナム戦争への米軍の介入以後、英語が通用するようになっているのだが、地名の読み方などにはまだ昔のフランス語が使われているのだろう。

ハッキリ君が小型のカメラを取り出したので、バイクの運ちゃんとのツーショットを独立記念塔をバックにシャッターを押してあげた。
「西本さんもどうぞ、写真を撮りますから」とハッキリ君が言う。

あれれ、旅先で写真をとる旅行者に出会うのは、面倒なんだよね。
でもまあ断るのもおかしな話なので、愛想よく写真を撮りあう。

バイクに3人乗りして、また走り出す。
次は、王宮だ!

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD